「佐倉としたい大西」第252回の感想 「佐倉さんの生誕祭!今年は佐倉さん大喜び」

この記事は約6分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

感想(ネタバレあり)

 

今回は佐倉さんのお誕生日回。

通常のお誕生日回では「お誕生日ない方がお誕生日の方を弄り倒す」のがこの番組のお約束。

 

 

 


しかし今回はちょっと違う感じ。

番組最後に佐倉さんが言った「一番楽しい誕生日回だったわ」という言葉に全部凝縮されていると思いますわ。

 

オーデションという体で佐倉さんと仲良くなりたい声優さんからのメッセージを佐倉さんが聞いたのですが、まさか最後にあの方が。

そりゃあ佐倉さん大喜びしますわ。

 

 

 

第251会の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

「佐倉としたい大西」第251回の感想 「佐倉さんはスマホで何やってる?」

 

第251回では、佐倉さんがスマホを弄っている時間のほぼ半分はスケジュールアプリを使っていることが判明しました。

 

スポンサーリンク

今年の佐倉さんの生誕祭はオーディション

今年の生誕祭はオーデション形式。

NiziUならぬNeziUのメンバーを揃えるためにプロデューサーの大西さんならぬOS.Park氏が5人の女性をオーディションするという体です。

 

 


ちなみに佐倉さんは既にNeziUとして確定済。

というか、NeziU自体が佐倉さんの友達という意味付けみたいでした。

 

 

1人目:桑原由気さん「闇を見せるスタイル」

トップバッターは最近佐倉さんと縁がある桑原さん。

神様になった日で佐倉さんと共演した時に豚骨ラーメンの話から桑原さんの年齢が流出した件で場の空気をあっためた後、KY.Parkと称し、いろいろ黒い部分を見せていきます。

 

まさに桑原さん自身が闇を見せるスタイルに佐倉さんは好印象

逆にネタが被ったOS.Park氏は評価低めに。

 

まあ、メンバーに入れるかどうかの最終決定権は佐倉さんにあったようなので、無事合格でしたけど。

 

 

2人目:河瀬茉希さん「息遣いが印象的」

2人目はまさかの河瀬茉希さん。

佐倉さんと仲良くなりたいという気持ちが前面に出てて、結構な高評価だったかと。

まあ、ハアハアし過ぎで佐倉さんも若干引いてた感じもしますが、あれは台本通りだったのかと。

 

先輩ばかりの中で爪痕は残せたと思いますよ。

 

3人目:村川梨衣さん「佐倉さんあるあるを披露」

3人目は佐倉さんの盟友りえしょんさん。

今回はオーディションの体なので、綺麗なりえしょんさんモードでした。

 

さらに佐倉さんとの関係を示すが如く、佐倉さんあるあるを披露。

佐倉さんは隙間のある服を着がち」、「ごはん滅茶苦茶食べ過ぎ」。

服については確かに佐倉さんあるあるですわ。

またごはんのくだりは身近な人だけが知っているあるあるなんでしょうね。

 

佐倉さんもりえしょんさんのことを本当の理解者と呼んでました。

 

 

4人目:日笠陽子さん「30歳のババアになるがいい」

4人目は事務所の先輩である日笠陽子さん。

佐倉さんが中学生だった時から知っている日笠さん。

 

佐倉さんとディスりながらも佐倉さんへエールを送る形に持っていくのはさすが中堅って感じです。

この後の花澤さんのメッセージがなければ、たぶん佐倉さん的に一番心に残るメッセージだったかも。

 

(早く)30歳のババアになるがいい」というのは日笠さんらしい言葉だったと思います。

 

5人目:花澤香菜さん「アイムに命を狙われる女」

最後はまさかの花澤香菜さん。

佐倉さんがずっとファンだった憧れ先輩からのメッセージに、佐倉さんのテンションがマックス状態へ。

 

最初は普通にメッセージを読むだけかな?と思ったら、いきなり某サンシャインさんばりの挨拶が始まります。

ちゃんこ氏の台本にダメ出しして花澤さん自身が作った台本に沿ってやってたらしく、その内容は他の追随を許さない面白さ。

トップ女性声優さんの実力をいかんなく発揮されております。

 

個人的には「アイムエンタープライズから命を狙われている女」のくだりは大笑いしました。

まあアイムからすればいろんな役を掻っ攫っていく花澤さんは天敵みたいなものですからね。

そりゃあ命ぐらい狙うでしょうよ(そんな訳ない)。

 

アーカイブでも聞けるので、この花澤さんのところだけでも聞くことをお勧めします。

 

ちなみに「NeziUは佐倉さんと花澤さんの2人だけで活動したい」と佐倉さんが最後に言ってました。

それ花澤さんを独占したいだけじゃね?

 

いつものコーナーシーズン2「手羽中からあげ」は今回も実食なし

昨今の情勢で実食できないいつものコーナーシーズン2。

今回紹介したのは「手羽先からあげ」です。

 

正直実食ないとメリットというか美味しさが伝わりませんからね。

またちょい足しでさらに美味しくなるというコンセプトだったと思いますが、それもできない状態だとコーナーの魅力半減ですわ。

 

ただこればっかりは誰の責任でもありませんからね。

早く実食のコーナー復活して、くじで一喜一憂する佐倉さんと大西さんが見たいですわ。

 

 

スポンサーリンク

「佐倉としたい大西」第251回を視聴し終わって

 

本編を視聴できなかった方は音泉のサイトで1週間無料配信されるアーカイブを聞きましょう。

おまけ放送が付属しているので本編を視聴された方にもお勧めです。

 

 


今回は文句なしの神回でした。

まだ聞いてない方は絶対に聞いた方がいいですよ。

 

おまけコーナーではリスナーさんから贈られた佐倉さんの似顔絵の寸評やオーディションの体でくれた佐倉さんへのメッセージについて佐倉さんがコメントしてますよ。

 

第253回の感想記事はこちらから。

「佐倉としたい大西」第253回の感想 「佐倉さんは奥さんキラー」