「佐倉としたい大西」第258回の感想 「BL作家大西先生爆誕?」

この記事は約7分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

 

感想(ネタバレあり)

今回のメインはやっぱりBL作家大西先生だったと思います。

眼鏡、パーカー、そして髪を結んでいるだけでBL作家風になってしまう大西さん。

これに加えてBLへの造詣が深く、絵も上手い。

 

ホントBL作家としてデビューできるんじゃね?

 

 


第257回の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

「佐倉としたい大西」第257回の感想 「大西さんと水瀬さんのファーストビジネスキスが繋がった?」

 

まさかビジネファーストキスの話が水瀬さんまで飛び火するとは。

そして楠大典さんを通して繋がる大西さんと水瀬さん。

どんだけ仲が良いんだよ(ちょっと違う)。

 

スポンサーリンク

収録ブースはサハラ砂漠?

いつもと違うスタジオでの収録。

熱くて仕方がない大西さんは冒頭からへばってます。

 

「坊主にしたいくらい熱い」、「扇風機で温風が回ってる」など冬とは思えない言葉が飛び交い、気分はサハラ砂漠にいるみたいだそうです。

そしてそのサハラ砂漠もまともに言えないなんて。

まあ、大西さんが噛むのはいつもの通りなんですけど。

 

 

佐倉さんと上田麗奈さん

佐倉さんに憧れている上田麗奈さん。

そんな上田さんと佐倉さんが遭遇する事態が発生

アフレコを待っている時で、佐倉さんと上田さんが会話を交わしたそうです。

 

上田さんの方が憧れているのだから、佐倉さんは堂々としていれば良いのに、佐倉さんの頭を過ったのは、承諾なく「としたい」で上田さんの名前を出したこと。

 

佐倉さんってそういうところは律義ですねえ。

ディスったとかならいけませんが、佐倉さんが「としたい」で話すことで上田さんの宣伝になるのに。

そして名前を出したのは上田さんと高橋李依さんの番組の方が先なのに。

 

まあ、そんな話があった佐倉さんと上田さん。

実はこのとしたいの収録前に佐倉さんはお店で上田さんらしき人を見たらしく、どう対応したらいいか大西さんに連絡したとのこと。

 

佐倉さんの方が先輩なのだから堂々としていればいいのに。

 

普通ならここでこの話は終わり。

しかし「としたい」は違います。

 

放送作家のちゃんこ氏が上田さんに連絡して、さっきのが上田さん本人だったのか確認を取ったのです。

 

ちゃんこ氏流石ですね。

ラジオが面白くなるところはしっかりと押さえていきます。

逆に佐倉さんからすれば「余計なことを」と思ったでしょうけど。

 

大西さんは喋ったことある先輩なら声かけられる

さて上田さん相手に物怖じしてしまった佐倉さん。

その佐倉さんと対照的なのが大西さんです。

 

「大西さんが声を掛けられない人は?」という質問に、「いない」と回答する大西さん。

確かに物怖じとか遠慮とか無縁な感じがしますからねえ、大西さんは。

 

声優の先輩であっても一度でも喋ったことがある方ならお話できると言い放つ大西さんは、先日杉田智和さんとも話したことを披露します。

 

大西さん流石ですわ。

 

 

BL作家大西先生の「好きな受け」

 

今回の大西さんの格好。

眼鏡、パーカー、そして髪を結んでいる。

 

イメージ的には二人が言ってたようにBL作家風ですよね。

そしてここから大西さんの悪ノリが始まります。

 

そう、大西さんがBL作家を始めたのです。

趣味と今回の格好が生み出したBL作家大西氏。

 

ここからNG音が何度も鳴り響く一方、大西さんが好きな受けの絵を描き始めることに。

その間、番組は佐倉さんに丸投げ。

 

この辺は阿吽の呼吸ですねぇ。

佐倉さんも大西さんのBLの仕事(?)を邪魔しない様にいつものコーナー(セブンの宣伝)を一人で進めます。

 

そして完成する大西さんが描く「受けの絵」。

 

 


普通に上手い。

そこはかとなく漂う儚そうな空気感がヤバい。

 

ちなみに大西さんの大好きな受けのタイプは「ノンケの男の子に憧れるけど、感情を表に出せない系」とのこと。

そして大西さんはそんなキャラに「もえるぜ(燃え?萌?)」とのこと。

 

このレベルの絵が描けるのですから、同人誌とか作った凄いことになりそう。

 

そのうち本当にBL作家大西先生が爆誕したら面白いでしょうねえ。

 

以前冴えカノのラジオの企画で同人誌を作ったことある大西さんなら…。

 

スポンサーリンク

いつものコーナーシーズン2「たこ焼き+たらこパスタソース」

今回のちょい足しはたこ焼きにたらこパスタソースを足したもの。

 


大西先生が好きな受けキャラの顔を書いているので、ほぼ佐倉さんが話しを進めています。

 

ただ佐倉さん的にはたこ焼きはそのまま食べる派なので、たらこソースを掛けるのは否定的なニュアンスだった感じです。

 

まあね、たこ焼きってあの濃いソースが味を決めているので、美味しいたらこのパスタソースを掛けたら味がぼやけてしまいますからね。

 

確か明石焼きにして時も佐倉さん否定的なこと言ってたような気がしますが、私も同意見ですわ。

 

 

おさまけの現場での話

最近「としたい」で取り上げられることが多い「おまさけ」の収録の話。

まあ、佐倉さんと大西さんと水瀬さんがメイン処で揃う現場は滅多にないですからね。

特にこのご時世だと。

 

以前大西さんから言われたことがネックになってた佐倉さんは終始テンション高く喋り、なぜか「タブレットお菓子を気持ち悪く食べる選手権」を水瀬さんが帰った後に二人で開催したそうです。

 

収録の合間の時間が長かったとしても、売れっ子女性声優がやることじゃね~よ。

あと映像がない音泉のアーカイブだと全くわからないかと。

 

 

また今回の「としたい」の収録はらのすぽ!の前だったらしく、らのすぽで揃う可能性がある「としたい」と「ひだかくま」の4人でさっきの選手権をやっては?という話に。

 

これが実際に開催されたら凄いラジオネタになりそうですけど、時間がバラバラだったのでたぶん無理だったでしょうねえ。

 

お菓子と言えば、佐倉さんが二酸化炭素の味がするソフトキャンディを買ったけど、自分で食べることができず大西さんへ。

しかし大西さんがそのキャンディを拒否。

その結果、キャンディは松岡さんが食べることに。

 

松岡さん、貧乏くじ引いちゃいましたね。

蒸せてたらしいですし。

 

 

 

「佐倉としたい大西」第257回を視聴し終わって

本編を見逃した方やおまけ放送を聞きたい方は1週間限定で音泉のサイトで公開されるアーカイブを聞きましょう。

 

 

 

音泉のサイトの「としたい」のページは今回佐倉さんと大西さんの顔にモザイクされた画像が。

よっぽど酷い顔をしたのでしょうね。

 

第259回の感想記事はこちらから。

「佐倉としたい大西」第259回の感想 「口癖の話がいつの間にかオタクトークになった」