ソードアート・オンエアー第70回の感想 「ゲストいないと車率が上がるラジオ」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はほぼ車回。

番組の終盤で吉田アナが「ゲストいないと車率が高い」と言ってましたが、その通りだと思います。

最近は松岡さんの花粉症の話+車の話+コーナー+エンディングでSAO関連の情報がデフォ。

 

これでスポンサー(アニプレックス)が何も言わないところが凄いです。

まあ、ゲスト回だとSAOの話をするのでOKなんでしょう(たぶん)。

 

 

 


 

第69回の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第69回の感想 「恋バナ大好き小澤亜李先生のアドバイス」

 

第69回のゲストはコハル役の小澤亜李さん。

コレモテのコーナーのために呼ばれた小澤さんがきっちり仕事をされてました。

 

 

スポンサーリンク

学科リモートOKが条件

花粉症のせいでゲームの収録は大変というお話の後、リスナーさんのメールへ。

 

今回のメールはまず「車の買い替えについて」。

 

そこで最近の車に装備されているクルーズコントロールの話に。

松岡さんも当然知っており、松岡さんはクルーズコントロールが付いている車の乗ったことがあるそうです。

 

車は事務所の後輩内田雄馬さんのもので、松岡さんは内田さんの言葉を引用してクルーズコントロールの使い勝手を語ることに。

まあ、こういう話の後は免許無い弄りになってしまうのですが、今回はここで終わりません。

 

どうやら今回の収録の前日、生放送に出演したらしい松岡さん。

そこで運転免許の学科がリモートで受けることができるようになったことを知ったのです。

 

時間がなくて免許をゲットできなかった松岡さん。

学科がリモートで受けることができるなら「再チャレンジしてみる?」って流れになっていきます。

 

できるならやって欲しいですけどね。

 

 

コレメシも車関連の話

今回のコーナーはコレメシ。

そしてコレメシメールは2通読まれましたが、どっちも車関連でした。

ホントこの番組って車ばかりですわ。

 

1通目のコレメシは「除雪車による除雪作業」。

北海道出身の松岡さんも当然除雪に関してはいろいろ思い出があるらしく、「玄関の戸を開けたら雪だった」という幼稚園時代のエピソードを披露します。

 

これは松岡さんも1回しか経験したことないことらしく、心配した家族から「禎、禎」と言われたことが記憶に残っているそうです。

そりゃあ本人以上に家族は心配しますよ。

玄関の戸を開けた子供が雪に突っ込んだのですから。

 

あと松岡さんは大人になってから雪まつりに行ってことないということが判明。

確か東京出てきてからほぼ帰ってないという話だから、雪まつりもいける訳ありませんね。

 

 

2通目は壊れた車のパーツ。

これはいかん。

松岡さんの守備範囲過ぎる。

 

当然松岡さんはこのコレメシに賛同、他の車の話より嬉しそうに語っていたような気がします。

好きなモノの中でも一番好きなモノですから、嬉しく喋るのは仕方ないですわ。

 

話的には声優さんの絡めて良い感じで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

ソードアート・オンエアー第70回を聞き終わって

今回はここで終わり。

聞き逃した方はYouTubeで公開されるデイレクターズカット(しない)版を聞きましょう。

 

繰り返しになりますが、エンディングで吉田アナが言ってたこと。

「ゲストいないと車率が高い」。

 

このラジオを表現するのにこれほどぴったりなものはないでしょう。

 

まあ、ゲストが来れば最低1回分はSAOの話になるのでセーフなんでしょう。

何やかんや言ってこのラジオを聞いてSAOに興味を持つ人いるはずなので。

 

そういえば劇場版の情報はやっぱりAJ2021のステージイベントで発表される可能性が高そうですね。

公開時期がいつになるのでしょうか。

早く知りたいです。

 

第71回の感想記事はこちらから。

ソードアート・オンエアー第71回の感想 「SAOの農業系スピンオフ作っちゃう?」