「佐倉としたい大西」第193回の感想 「大西さんがドキドキしていることは?」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は「大西さんのドキドキすること」で大西さんファンは騒然としたと思います。

まあ冗談だとわかっていても、「もしや?」と考えてしまいますからね。

 

だからドキドキの原因がMRIだとわかって安心したファンの方は意外と多かったと思いますわ。

 

 

 

192回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

【2019年12月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ

 

192回はいろんな声優さんの名前が出てきました。

その中でも天崎滉平さんのことは特に多かったですね。

 

スポンサーリンク

クレヨンしんちゃんのモノマネもレパートリーに入れるつもり?

「ダメダメダメ」というフレーズに反応したらしい大西さん。

どうやらそのフレーズでクレヨンしんちゃんの昔のOPを想像したようです。

でもそれが佐倉さんには伝わりません。

 

どうやら佐倉さん、クレヨンしんちゃんを見てなかったのです。

そんな佐倉さんが見ていたのがポケモンとデジモン。そこから二つのタイトルの下2文字を合わせて「モンモンしてた」と言い出す二人。

こんなところからも面白くしてしまう二人は本当頭の回転早いですわ。

 

そして唐突にしんちゃんのモノマネを始める大西さん。

曲のテンポでみさえとしんちゃんのモノマネを始めて、「上手すぎて引っかかる?」と言い出す始末。

大西さん的にしんちゃんのモノマネに手ごたえを感じているようですがどうでしょうかねえ。

 

個人的にはタラちゃんに比べるとクオリティが下がっているように思えます。

というか先代のしんちゃんの声のモノマネはやっている人が多いですから。そういう人達と比べると中の上くらいかなと。

 

まあ、何度もやっているうちにブラシュアップしていくでしょうから、今後に期待です。

 

ガールズイベントはどうなる?

 

開催まであと1か月余りのガールズイベント。

参加されるお客さんはどんなイベントを望んでいるか考えるお二人。

佐倉さん曰く、女性会にはいくつかのパターンがあり、大きく分けると陰と陽に分けられるらしいです。

ちなみに陰の女子会は悪口や下ネタ、陽の女子会は楽しいトーク系。

 

佐倉さん的には後者をメインで、ところどころ前者を散りばめて反応を確かめるつもりのようです。

次回の女子会に役立てるという趣旨のことを言ってましたが、席がかなり埋まったことで佐倉さん的に女子会の手ごたえを感じたのかもしれませんね。

 

 

大西さんがドキドキしているのはMRI?

ドキドキしていることがあります」。

こんなことを言い始めた大西さん。

 

当然佐倉さんが悪ノリして、大西さんファンをドキドキさせます。

あの瞬間の写真を切り取って本当にネットにさらす人出てくるかもしれません。

 

冗談はさておき、大西さんがドキドキしているのは「MRIを受ける」から。

狭いところが苦手なのでドキドキしているそうです。

 

確かにMRIの中って狭い暗いってイメージありますからね。

だから大西さんが怖いと思うのは仕方ないです。

 

ただ一回やればもうドキドキすることはないでしょうね。

慣れると何にも思わなくなるでしょうから。

 

しかしこのMRIの話から細木数子さんが娘さんと一緒じゃ無きゃMRIしないと言い張った話や佐倉さんが能登麻美子さんと家庭的な話をしながら帰った話に繋がるなんて誰も想像できなかったと思います。

 

こういうところはホントお二人とも凄いと思いますわ。

 

 

洲崎と小澤さんに負けた大西さん?

今回はコーナーつぶしてまでメールで盛り上がりました。

特に大西さんが同じ事務所の洲崎綾さんと小澤亜李さんと一緒の参加したトークショーの話は面白かったですね。

 

あの大西さんが洲崎さんと小澤さんの前では全く歯が立たなかったのですから。

大西さんもどちらかというと破天荒系ですが、洲崎さんと小澤さんはさらにその上を行っているようです。

 

だっていくら音声とかに残らないイベントでのトークであっても、A〇見てますって普通言わないでしょ。

まあ洲崎さんも小澤さんも可愛い系じゃないのでOKなのかもしれませんが。

 

結果、A〇と〇Vに挟まれたBLとなってしまった大西さん。

そりゃあ大西さんでもそこから巻き返すのは無理ですわ。

 

 

それと話は変わりますが、来年のコナンの映画の話で大西さんが一人盛り上がっておりました。

すでに大西さんの中では佐倉さんやこうちゃんと一緒に見に行くことが確定しているようです。

完全にドハマリしてますね。

まあ、安室さんと赤井さんの話に特化しているので目的はだいたい察することができますけど、同じ目的で映画行く人多いのかもしれませんね。

 

 

終わりに

 

今回はここで終了です。

またコーナーありませんでした。

 

放送作家のちゃんこ氏が「コーナ―なんか無い」と宣ったそうなので、コーナーよりメールでトークする方が面白いと判断したのでしょう。

 

確かにメール読んで佐倉さんと大西さんが好き勝手にトークするのは聞いてて楽しいですからね。

でもコーナーも見てみたかったです。

 


このラジオは音泉でアーカイブが公開中です。

本編を視聴できなかった方やおまけ放送を聞きたい方は是非聞くようにしましょう。

 

嘘百発という新しい言葉を作り出したり、榎木淳弥さんのファンからのメールを読んだり、今回もおまけ放送面白かったです。

 

194回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

「佐倉としたい大西」第194回の感想 「二人で結託してアイムから逃げる」