ソードアート・オンエアー第9回の感想 『10話について松岡さんが思ったこと「女性って怖い」』

この記事は約5分で読めます。

感想(ネタバレあり)

 

1回お休みを挟んでの第9回。

日高里菜さんがゲスト出演した第4回以来のゲスト回となります。

 

前回松岡さんは島崎さんのゲスト出演を熱望してましたが、今回のゲストはSAOの原作者川原礫先生。

島崎さんじゃなかったですけど、興味深いトークが聞けたと思いますわ。

 

そして放映された10話について松岡さんが言及するのですが、10話を視聴したほとんどの視聴者は松岡さんと同じ感想だと思います。

 

 

8回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第8回の感想 「コーナーで取り上げた2つ目のメールってデジャブ過ぎない?」」

 

8回では松岡さんの周りで過去あったような話のメールが来て、それに対する松岡さんの返答がなかなか面白かったと思います。

 

スポンサーリンク

日高さんの写真をまた忘れた

このラジオの第4回にゲスト出演した日高里菜さん。

その日高さんの写真を撮ってくるというミッションを課された松岡さんでしたが、今回も忘れたようです。

 

まだ日高さんと会う機会がなかったのなら仕方ありませんが、ついこの間会ったばっかりとか。

そして忘れた理由は島崎さんとお喋りしたから。

吉田アナが言った通り、これは弁解できませんわ。

 

でも松岡さん、日高さん、島崎さんが一緒になる現場って何かありましたかね?

このメンツだとSAOリコリスの限定版に封入される映像特典がすぐに頭に浮かびますが。

 

まあ、この件が松岡さんにとってトラウマ化しているそうなので、ゆっくりと待つことにしましょう。

忘れたころにたぶん撮ってきて来てくれるでしょうから。

 

あと日高さんがゲストに来た時に話題にのぼった「女性の尻が好き」という話。

復活した盾の勇者の成り上がりのWEBラジオで話題となってました。

興味ある方は音泉のサイトで公開されているので、1度聞くことをお勧めします。

番組が始まって35分12秒付近からです。

 

 

川原先生曰く、「脳内ではキャラが喋っているのでギャラが発生するんじゃね?」

今回のゲストはSAOの原作者の川原礫先生です。

松岡さんは川原先生を「ラノベ界のゴッド」と持ちあげますが、こういうことを言えるくらい川原先生とは打ち解けているのでしょうね。

もちろん松岡さんが川原先生を尊敬しているのも同時に伝わってきました。

 

そんな川原先生はSAOの収録にはほぼ立ち会っているらしく、休んだのは3回ぐらいしかないそうです。

松岡さん的には単語のイントネーションをすぐに川原先生に聞くことができるので、だいぶん助かっているとのこと。

確かにSAOは難しい言葉がたくさん出てきますからね。

川原先生にすぐに聞けて発音できるのはありがたいと思いますわ。

 

また川原先生は脳内で話を映像化してそれを文章に書き移すスタイルで執筆しているらしく、脳内では松岡さんをはじめキャスト陣が演技しているのでギャラを払わなければいけないかも?と思っているそうです。

 

 

川原先生を囲んでのトークは川原先生の話だけでなく、松岡さんが話す場面もありました。

例えばアフレコ時のマイクの話。

松岡さん的にはマイクを固定するのはあんまり好みではないらしく、1カット前だったらどこのマイクにも入って演技するらしいです。

だから後ろで右往左往している松岡さんよりキャリアが浅い声優さんにはマイクを譲ってあげることもあるとか。

 

ただSAOに関しては左から2番目に入ることが多く、固定みたいになっているそうです。

あと松岡さんが他の作品のマイク事情を話そうとして途中でその話がなくなっていたので、ディレクターズカット版でその話が聞けるかもしれませんね。

 

そういえば松岡さん、ちゃっかりユナイタルリング編のアニメ化希望の話を入れこんでいました。

多くのファンも松岡さんと同じくアニメ化して欲しいと思っているかと。

 

スポンサーリンク

松岡さん曰く、10話は怖かった

今週のSAOのコーナー。

松岡さんが10話の感想を喋ったのですけど、松岡さん的には「怖かった」「女性って怖い」と思ったとのこと。

まあ、これはほとんどの視聴者が同じように思ったでしょうねえ。

 

だってアリスもアスナも怖かったですもん。

どっちも自分のものだと思っているからこそ、敵意をむき出しにしたのでしょうね。

あんなの見たら誰だって怖いと思いますよ。

 

一方川原先生は10話に関してアスナの心情をお話になりました。

確かにアスナにすれば「またか」と思いますよね。

キリトから目を離すとすぐに他の女が近くにいるのですから。

 

終わりに

今回はここで終了。

松岡さんと川原先生が息ピッタリで、お話も興味深ったですねえ。

松岡さんも川原先生からどんどん話を引き出すのが上手かったと思います。

 

今年の放送はこれで終了…と思ったら12月31日も放送があるそうです。

 


時間が変更になって19時からとのこと。

忘れないようにしないといけませんね。

 

10回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第10回の感想 「珍しくアニメの話を長くする一方、自転車の話で盛り上がる」