ソードアート・オンエアー第11回の感想 「シンガポールで開催されたイベントの話」

この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は去年シンガポールで開催されたイベントの話がメインに。

日本で配信されてないイベントなので話を聞きたかったファンの方は多かったと思います。

メールでシンガポールのイベントの話を聞きたいと送ったリスナーさんグッジョブですわ。

 

 

第10回の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第10回の感想 「珍しくアニメの話を長くする一方、自転車の話で盛り上がる」

 

第10回もSAOの原作者である川原礫先生がゲスト。

アニメの話を真面目にする一方、自転車の話で川原先生と吉田アナが盛り上がってました。

 

 

スポンサーリンク

去年開催されたシンガポールでのイベントの話

シンガポールで開催されたイベントの話を聞きたいとメールを送ってきてくれたリスナーさんのお願いに答えてシンガポールのイベントの話をすることに。

 

シンガポールのイベントには松岡さんとアリス役の茅野愛衣さんが参加。そして吉田アナもメインMCとして参加しており、松岡さんと吉田アナ両方からイベントの話が聞けました。

 

吉田アナは結構な回数参加していたけど、今回が一番満喫できたようです。

その一方松岡さんは結構大変な目にあったようですね。

 

元々ナイトサファリを観光しようと予定を立ててた松岡さん。

しかし当日シンガポールではシティマラソンが開催されており、無理してサファリに行けばその後の予定(アニプレックスが用意した食事会)に間に合わない可能性があったので断念。

 

またイベント開催日当日はホテルまで歩いてろうした松岡さんを始めとするSAOチーム。松岡さんは島崎さんから貰った雷マークが印刷されたようなTシャツを着ていたそうですが、それを鬼滅ファンに見つかり笑われたとのこと。

松岡さんが伊之助のCVだと知ってて、善逸リスペクトのような雷マークのTシャツを着てたから笑われたのでしょうかねえ。

 

さらに熱がりの松岡さんはシンガポールで夏バテ状態になったと。

まあ、赤道近くは暑いですからね。

そりゃあ松岡さんにとって大変な場所ですよ。

ただ青島ビール飲んだら元気になったそうですけど。

 

ちなみに酒に話はあと1つ。

イベント終わりの2次会でリッツカールトンのバーに行ったSAOメンバー。

松岡さんと茅野さんはそこでたくさん飲んだそうで、2次会が終わったのが深夜の2時か3時ぐらい。

ところが帰国のための集合時間は4時。

仮にホテルで寝れば集合時間に起きれないのは確実。

松岡さんはずっとイスに座って集合時間が来るのを起きて待ってたそうです。

 

 

肝心のイベントの方ですが、吉田アナの印象によると大爆笑をとってたそうです。

松岡さんの人気は日本以上に凄いらしいですからね。

SAOのキリトだけでなくたくさんの人気作品のCVなので。

 

松岡さんがSAOのイベントステージで安芸倫也役と言えば大爆笑、冴えカノのイベントステージでキリト役の言ったらやっぱり大爆笑。

これだけ受けたら何度でもやりたくなりますよ。

 

「日本語はアニメ(オタク)のラテン語」という話を他国のアニメファンから聞いたという吉田アナ。

確かにアニメオタクを名乗るなら日本語は必修でしょうからね。

松岡さんが言ったことで大爆笑してもおかしくはありませんわ。

 

イベントの最後、茅野さんが観客席の一番後ろにいたキリトとユージオのコスプレをしたファンの方を見つけたそうですが、その二人のコスプレを見た松岡さんは感動したそうです。

今回のコーナーは特殊戦隊ボディプーン

今回のコーナーはボディプーン。

リスナーさんからのメールで「ボディプーンは仮面ライダーのようにカブで登場する」という設定が提案されましたが、なぜかカブのエンジンの話に。

 

そしてカブ繋がりで松岡さんは新聞奨学生時代の記憶が蘇っているようでした。

このままボディプーンイエローは松岡さんがやることになりそう。

松岡さん的には嫌そうでしたが。

 

今回はシンガポールの話で時間使いすぎたので、こっちのコーナーにしわ寄せが来たようでした。

まあ、個人的な意見を書けば、もっとシンガポールの話をして貰った方が良かったかも。

 

ボディプーンに関しては設定も大事ですが、それよりも誰が演じるか?という話という話をする方が盛り上がるような気がします。

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

シンガポールの話面白かったです。

正直もっと聞きたかったですね。ボディプーンのコーナー潰して。

ボディプーンの方はディレクターズカット版の方でたっぷりやるようですので、興味がある方は次週YouTubeで公開されるディレクターズカット版を聞きましょう。

 

そして最後のもう一つ。

松岡さんが日高里菜さんの写真を撮ってきたそうです。

ただ残念ながらお尻の写真ではないとのこと。

さすがの松岡さんでも無理だったか。

 

12回の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第12回の感想 「松岡さんは年末年始どう過ごした?」