「佐倉としたい大西」第204回の感想 「少女漫画の話で今回も大騒ぎ」

この記事は約5分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

 

感想(ネタバレあり)

 

体調が全快した佐倉さんと大西さん。

DVDの内容を明らかにしたり、某アプリの予測変換の話などをしまいたが、二人とも大興奮だったのが少女漫画の付録を見るコーナーの箇所。

お二人とも少女漫画好き過ぎです。

 

 


第203回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

「佐倉としたい大西」第203回の感想 「少女漫画の話で盛り上がる」

 

前回は少女漫画の話で大盛り上がりに。

そのうち少女漫画の本誌を買ってくるかもしれませんね…と思ってたら、本当に買ってきやがった。

 

144回以降の記事のリンク集を作ってますのでよかったらどうぞ。

「佐倉としたい大西」第144回以降の感想と内容確認用まとめ

 

スポンサーリンク

佐倉さんも大西さんも体調全快

前回前々回と満身創痍状態だった佐倉さんと大西さん。

どうやら全快したようです。

本当に良かったですわ。

 

ただ佐倉さんはバンドリと北海道ロケのために全快するのに時間掛かったようですね。

こればっかりは仕方ありません。

売れっ子だからスケジュールを動かすことができなかったのでしょう。

 

 

DVDのメイン企画は雪国でドライブ

北海道でのDVDロケ無事に終わったそうです。

そしてDVDのメイン企画が「雪国でのドライブ」だったことが明らかに。

 

いやいや、雪がほとんどない東京で運転免許取って1年も経ってない人間に雪がいっぱいの北海道で運転させるなんて無茶過ぎでしょ。

北海道でドライブロケするなら春から夏にかけての時期にやるのが一番良いのに。

 

まあ企画は結構無茶振りな感じですが、佐倉さんも大西さんも北海道は満喫したようです。

佐倉さんはおみやげをたくさん買ったそうで、特にぬいぐるみは「シマエガナ(野鳥)」、「タヌキ」、「キタキツネ」の3種を購入。

さらに大量の冷凍コロッケも。

 

観光地では財布のひもが緩くなると言いますけど、佐倉さんはその典型だったようです。

 

片や大西さんは今回北海道に行ったことで「北海道かぶれ」になったことを暴露し、北海道でマウントとっているとのこと。

大西さんらしいと言えばらしいです。

 

 

そういえばDVDはドライブだけでなく、アクティビティ的なことも収録されているそうです。

佐倉さんがアザだらけになったと言ってましたが何をやったのでしょうか?

そっちの方も気になります。

 

 

某アプリの変換で出てくるもの

リスナーさんからのメールで「Simeji」というアプリの予測変換機能の話になります。

何でもこのSimejiの予測変換機能で声優さんの名前を入れようとすると面白い変換になるとか。

その一例がこちら。

 

  • 佐倉→顔文字になる
  • 大西→「そんなんねん関係ないですよ」というセリフが予測変換に出る
  • 江口→カレーの妖精
  • 松岡禎丞→テレーゼのため息

 

どうして松岡さんだけフルネームなんだというツッコミは置いといて。

いやいや、なかなか面白い予測変換ですね。

 

ちなみに「大西」という文字での予測変換のセリフは別の大西さん(沙織さんではない方)のセリフだったようです。

まあね、えりりはそんなセリフ吐いたの聞いたことないので。

 

それにしても大西さんが佐倉さんのフリでえりりの声で喋ることになるとは。

まあ、あんまりえりりの声に似てませんでしたが。大西さん、えりりの声忘れたのかも。

 

ホニャララしたいは「少女漫画の付録」

久しぶりのホニャララしたいのコーナー。

今回は前回盛り上がった少女漫画の本誌を買ってきて、その付録を確認するというもの。

 

もうね、佐倉さんも大西さんもテンション高くなりすぎ。

本当に二人は少女漫画が大好きだということが伝わってきます。

 

今回買ってきた少女漫画とその漫画に対する二人の認識は以下の通りです。

 

  • なかよし
  • りぼん→大西さんの元祖(バイブル的な意味?)
  • ちゃお→佐倉さんの元祖
  • Sho-Comi(旧少女コミック)→佐倉さんはエロ本と認識してた

 

佐倉さんのSho-Comiの認識が酷いと思わないでもありませんが、確かに20代より上の方の認識はあんまり佐倉さんと変わらないかも。

旧少女コミックは過激だったので。

 

 

さて企画は付録を確認するというものであり、大西さんが付録のイヤリングを付けたりしましたが、やっぱり佐倉さんも大西さんも漫画に興味があるようで、お二人とも漫画家さんの名前や作品名で一喜一憂します。

 

二人とも少女漫画大好きなんですねぇ。

 

ちなみに男性リスナーでも知っているような作品名がたくさん出てきました。

少女漫画も結構アニメ化されているもの多いのですねえ。

 

終わりに

今回はここで終了。

少女漫画に対する喰いつき凄すぎ。

二人とも少女漫画大好だったんですねえ。

それが伝わってきますわ。

 

本編を見逃した方やおまけ放送を聞きたい方は音泉のサイトで公開されるアーカイブ放送を聞きましょう。

 

 


おまけ放送ではSho-Comi(30ページに1回はギュッとする)やりぼんの漫画を見て興奮したり、ドラマCDに知っている声優さんの名前があるのを見て現実に戻ったりしております。

 

 

205回の感想記事はこちらからどうぞ。

「佐倉としたい大西」第205回の感想 「ダンサーゆきのインパクト絶大」