ソードアート・オンエアー第17回の感想 「SAOとのタイアップでサイバーセキュリティーの認知度もアップ?」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

前回放送がお休みだったので2週間ぶりの感想記事です。

まさか現役の官僚さんがゲストに来るとは予想外でしたわ。

でもお話は面白く、サイバーセキュリティー自体への認識も多くリスナーさんが持ったと思います。

 

 

第16回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第16回の感想 「NO ENGLISH」

 

英語は無理にする必要ないと思いますけどね。

英語勉強する時間あるなら車の免許を取りに行った方が良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

リスナーさんのタイヤの味の話から松岡さんが横浜タイヤを語る

今回も車の話で盛り上がる松岡さん。

吉田アナが冒頭に「アニメの話そこそこ」とか言ってましたが、「そこそこ」もやってないと思います。

ほとんどのリスナーさんは「アニメのラジオ番組」ではなく「車好きの声優さんが車のことを語るラジオ」と認識しているのではないでしょうか?

 

さて今回も車のタイヤの話で10分近く使っておりました。

タイヤをかじったというリスナーさんのメールから、横浜ゴムのタイヤの話を始める松岡さん。

もう普通のアニメファンや声優ファンで松岡さんの話についていけてる人どれくらいいるんでしょうかねえ。

 

まあ、松岡さんのファンは、楽しそうに語る松岡さんの声を聞けるだけで満足ですけどね。

 

 

タイアップしている内閣サイバーセキュリティーセンターの官僚さんがやってきた

前回ゲストの告知がなかったのですが、ゲストの方がやってきました。

まさか官僚さんがゲストにやってくるとは。

 

現在SAOは内閣サイバーセキュリティーセンターとタイアップしており(2020年3月18日まで)、その広報の一環で出演だったようです。

 

まあ、官僚と言っても広報担当の方なので、結構フランクで話が面白かったです。

そして出演された方の上司である審議官もアニメファンとのこと。

自衛隊にアニメファンが多いという話は聞いたことがあるのですが、官僚さんの中にもアニメファンっているのですねえ。

 

ちなみにSAOとのタイアップは入札制で、入札した業者さんがSAOとのタイアップを持ち込んだということです。

SAOの決まった時、内閣サイバーセキュリティーセンターの方の中には大喜びした方もいたとのこと。

SAO人気ですねえ。

 

SAO以外だと「攻殻機動隊」、「BEATLESS」、「約束のネバーランド」がタイアップをしたことがあるようです。

 

 

あと松岡さん、トークの中で「かしこまり」というセリフを言ってましたけど、これって某アニメのムギナミのセリフだったと思うのですが。

ポッと頭に浮かんだのでしょうかねえ。

 

 

さて、何やかんやでサイバーセキュリティーという言葉を多くのリスナーさんが認識したと思います。

十分SAOとのタイアップの効果があったのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

官僚視点だと菊岡は仕方がないらしい

松岡さん的には敵視しているSAOのキャラクター菊岡。

しかし現役の官僚から見ると菊岡の行動は仕方がない面もあるそうです。

 

その一つが面識がある人の頼み事をすること。

SAOでも菊岡はデスガン事件の調査をキリトに依頼していますけど、現実でも官僚が面識がある人の頼み事をすることがあるそうです。

 

まあね、そういうことは官僚の世界だけでなく、普通の民間企業でもありますからねえ。

 

 

 

終わりに

今回はタイヤと内閣サイバーセキュリティーセンターとのタイアップのお話で終わった感じです。

ゲストの官僚の方もSAOのことをよく知っており、トークが面白かったですわ。

デスガンのモノマネする官僚さんってレア過ぎます。

 

こういうゲストさんも偶には良いですね。

違った角度からのゲスト大歓迎です。

 

第18回の感想記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第18回の感想 『二見PとSAO関係者を結んだのは「あのアニメのゲーム」だった』