ソードアート・オンエアー第18回の感想 『二見PとSAO関係者を結んだのは「あのアニメのゲーム」だった』

この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はSAOゲームを作っているバンナムの二見Pがゲスト。

今年5月に発売されるSAOゲームの新作リコリスの話はもちろん、松岡さんを始めとするいつもの面々との出会いがあるゲームだったことを話されていました。

 

番組は1週間ラジコのタイムフリーで聞くことができ、またそれ以降はYouTubeでディレクターズカット版が配信されます。

聞き逃した方は是非聞くことをお勧めします。

 


第17回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第17回の感想 「SAOとのタイアップでサイバーセキュリティーの認知度もアップ?」

 

第17回はSAOとタイアップしている内閣サイバーセキュリティーセンターの官僚の方がゲスト出演されました。

まさか官僚さんがゲストに来るなんて。

まあ、ゲスト出演されたことで多くのリスナーさんがサイバーセキュリティーに興味を持ったと思うので、出演はプラスになったと思いますわ。

私も内閣サイバーセキュリティーセンターのサイトを見に行ってきました。

 

 

スポンサーリンク

マスクに関する松岡さんからのお願い

声優さんの必需品であるマスク。

昨今の事情のために入手が困難になってますが、そのマスクに関して松岡さんからお願いがありました。

 

マスクのプレゼントは無理をしないで欲しい」と。

 

確かに今のご時世、マスクは必需品であり、松岡さんのためにプレゼントしたいと思うファンがいてもおかしくありません。

 

ただ松岡さん的には、まず自分のことを考えるの大事。松岡さんにマスクをプレゼントして、自分がマスクを使わないことで罹患したら本末転倒とのこと。

 

松岡さんが言ったことは正論なので、考慮して頂ければ幸いだと思います。

 

 

お勧めの車の番組は?

 

いつものように車の話をする松岡さんと吉田アナ。

SAOの番組なのによくスポンサーのアニプレックスが許容していると思いますわ。

 

さて今回はリスナーさんから車の番組がお勧められます。

 

どうやら松岡さんはその番組を見たことがるそうで、どうやら昔の名車を再生させる番組とのこと。

松岡さん曰くギャグ寄りとのことで、車に詳しくない方も気楽に見れるかもしれませんね。

 

 

 

二見PとSAO関係者を結ぶ鍵は「俺妹のゲーム」

今回のゲストはSAOのゲームの元締めであるバンダイナムコの二見P。

何と二見Pはご実家は整備工場だったそうです。

ただ二見Pご自身は車に興味がなく、大手スーパーを勤務を経て子供の頃から夢中だったゲームを作る世界へ。

まあ、親の家業を子供が絶対に継がなければいけない訳ではありませんからねえ。

 

仮に二見Pが車に興味があって実家を継いでいればSAOのゲームはなかったのかもしれませんから、うちらファンとしては二見Pが車に興味がなくてよかったですわ。

 

さてそんな二見Pと松岡さんの最初の出会いは俺妹のゲーム。

松岡さんは真壁君役で出演しており、それが二見Pと松岡さんの初めての出会いだったそうです。

 

さらにその俺妹がSAOのゲームが作られる切っ掛けになったとのこと。

 

俺妹の担当編集だった三木一馬さんに興味を持った二見P。

そこで三木さんの名前で関連する作品を探し、川原先生が書いているアクセルとSAOに興味を持ったそうです。

さらにSAOはアニメ化が進行しており、アニプレックスの担当者だったのが俺妹のPでもあった柏田P。

 

完全に俺妹の関係者だらけ。

そう考えるとSAOのゲームは俺妹があったからこそ実現したと言っても過言ではありませんね。

 

スポンサーリンク

リコリスでSAOのゲームは一段落

今回二見Pがゲスト出演したのはリコリスの宣伝のためです。

当然リコリスのことも結構喋ってました。

 

例えばリコリスの主題歌とアニメのOPはReoNaさんが担当しますが、ReoNaさんを起用した経緯やダブル起用になったのは示し合わせた訳ではなかったとか。

 

また松岡さんがリコリスについて「エッ」という部分と「まさかな」という部分があると話したことに二見Pが同意したところが印象的でした。

ストーリーがそれだけ急転するところがあるということなんでしょうね。

 

そしてアニメに合わせてSAOのゲームも今回のリコリスで一回終わるとのこと。

これってコンシューマーゲームの開発が終わるということなんでしょうねぇ。

 

ちょっと寂しい感じがしますが、逆を言えばそれだけリコリスがSAOゲームの集大成として自信があるのでしょう。

物凄く気になります。

 

 

終わりに

今回はここで終了。

今回も盛りだくさんでしたが、結構カットされたような箇所があったので、来週公開されるディレクターズカット版が楽しみです。

 

さあ、3月に入り、SAOのアニメ再開までもうちょっととなりました。

アリシゼ―ション編4クールの最後のクール、本当に楽しみです。

そしてこのラジオでもアニメの話が増えてほしいですわ。

 

第19回の感想記事はこちらからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第19回の感想 『決め台詞は「スバル!」』