ソードアート・オンエアー第23回の感想 「今回は9割ぐらいSAOの話だった」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はSAOの丹羽Pがゲスト。

第14回に引き続き2回目のゲスト出演となった丹羽P。

前回はエクスクロニクルin京都の宣伝メインでしたが今回は4月下旬から始まるアリシゼ―ション編4クール目の宣伝だったようです。

 

放送開始まであと少し。

否が応でも期待が高まりますわ。

 

そういえば冒頭で車のメールが読まれました。

車の話はタブーになったと思ってましたが、そうではなかったのですね。

メールで松岡さんの1台目の愛車にお勧めの車種を募集していたので、車に詳しい人はメールを送ってみるのもいいかもしれません。

 

 

第22回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第22回の感想 「近藤さんはスルメのような感じ?」

 

第22回は引き続きロニエ役の近藤玲奈さんがゲスト。

松岡さんファンの私から見ても、近藤さん結構つめ跡残して行ったと思いますわ。

 

 

スポンサーリンク

エクスクロニクルin京都は大盛況でアニプレックスの赤字は少なくなったらしい

 

今回のゲストはアニプレックスの丹羽P。

前回出演した時はエクスクロニクルin京都の宣伝のためでした。

そのエクスクロニクルですが、お客さんが予想の1.5倍の大盛況だったそうで、凄い赤字になる予定だったのが少しの赤字になったそうです。

 

このラジオだけでなく、特番なども放送してたので、宣伝した効果があったということでしょうね。

 

松岡さん的にはエクスクロニクルをさらに続けて欲しいみたいで、「次は(幕張)メッセですね」と言ってました。

京都に行くことができず、LINEでシリカ役の日高里菜さんから京都のエクスクロニクルの凄さを教えてもらった松岡さん。

「エクスクロニクルを自分も体験したい」という気持ちが大きくなったのかもしれませんね。

キリトのアフレコに臨んだ松岡さんの話

すでに始まっているアリシゼ―ション編の4クール目のアフレコ。

松岡さんも当然参加しており、うめき声以外のセリフを松岡さんが喋ったようです。

その収録に立ち会った丹羽Pによると、松岡さんの演技に「鳥肌というか、ゾワッとした」とのこと。

さらに進んで「キリトの集大成」とまで。

ここまで丹羽Pが言うのですから、圧巻なキリトだったのでしょうね。

 

これを受けて松岡さんもお話されますが、松岡さん的にはキリトとの関係が変わったと。

 

これまではゲームの収録もあり、たとえ本編でセリフがなくてもキリトを演じることが途切れなかった松岡さん。

でもゲームの収録も終わり、本編でもセリフがなくなったため、しばらくキリトを演じることがなかったそうです。

 

そんな中望んだ4クール目のアフレコ。

松岡さんはキリトと相談(脳内会議みたいなもん)しながら演じるそうですが、久しぶりすぎてズレが生じてしまい、キリトに怒られたとのこと。

 

そしてキリトを演じるうちにキリトのステージが一段階上がった感覚になったと。

 

松岡さんや丹羽Pの話を聞くだけでも期待が高まっていきます。

 

最近は悪役での活躍が目覚ましい松岡さんですが、代表作はあくまでキリト。

そのキリトで丹羽Pをゾワッとさせた演技、早く見てみたいです。

 

スポンサーリンク

SAOの特番も楽しみ

SAOアリシゼ―ション編4クール目が始まるまでもう少しありますが、その間にSAOの特番が放送されます。

今回丹羽Pはその特番の宣伝もしました。

 

今回の特番のメインは劇伴、つまり音楽です。

SAOの音楽を手掛ける梶浦由記さんにフォーカスした内容とのこと。

 

SAOの音楽がメインの特番って記憶にないので、どんな内容になるか楽しみですね。

 

 

終わりに

今回はSAOの話でほぼ終わった感じでした。

これですよ、SAOのラジオですからこういう内容が本当は相応しいのです。

SAOでの松岡さんの演技の話が聞けた大満足ですわ。

 

さてYouTubeでは今回のディレクターズカット版が公開中。

興味がある方は是非聞きましょう。

 


なお次回も丹羽Pがゲストのようです。

たぶん2本撮りなんでしょうね。

 

第24回の感想記事はこちらからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第24回の感想 「松岡さんが視聴しているテレビ番組は?」