「佐倉としたい大西」第212回の感想 「ひだかくまに対抗して裁縫にチャレンジ」

この記事は約5分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

 

感想(ネタバレあり)

 

最近「ひだかくま」の話題に終始している佐倉さんと大西さん。

さすがに今回は「ひだかくま」の話題は出さないと思ったのですが、完全に味を占めたようです。

 

まあ、放送作家のちゃんこ氏が「ひだかくま」の作家も兼任しているので、「ひだかくま」の側面支援している可能性も捨てきれませんけど。

 

「ひだかくま」と「としたい」の大きな違いは、「としたい」の二人がすぐに面白くしようとするのが一番大きいと思いましたわ。

 

 

第211回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

「佐倉としたい大西」第211回の感想 「ひだかくまの企画を横取りしたい?」

 

姉妹番組である「ひだかくま」に対抗心を燃やし、事もあろうに企画の横取りまで考える始末。

もちろん半分冗談なんでしょうけど、脅威には感じているのでしょうね。

リスナー的には切磋琢磨して番組のクオリティーが上がれば万々歳ですが。

 

 

また144回以降の記事のリンク集を作ってますのでよかったらどうぞ。

「佐倉としたい大西」第144回以降の感想と内容確認用まとめ

 

 

スポンサーリンク

佐倉さんはエロ魔神

今回も笑いながら番組が始まりましたが、その原因は佐倉さん。

何と佐倉さん、座っている間スカートスリットからパンツが丸見えだったのです。

それを気付いた大西さんは佐倉さんを「エロ魔神呼び」に。

 

ただ大西さんも衣装も今回は刺激的。

大西さん自身は右のパイを守るための衣装とか、原始時代の衣装とか言ってました。

ホント胸を強調し過ぎな衣装です。

 

 

ツイッターの画像だとわかりにくいの残念ですが、超A&Gでの放送時の動画は本当に凄かったですわ。

 

二人ともママみが足りないと感じて、色気を出す作戦に出たのでしょうか?

 

大西さんクッキーを作る

時間がある女性がやることに一つに料理があります。

でもまさか大西さんがクッキーを作るなんて。

 

数年前まで卵掛けご飯しか作れなかった大西さんがクッキーを(以下略)。

 

そしてそのクッキーを写メを見た佐倉さん曰く、美味しそうな見た目だったようです。

 

ただそれに不満いっぱいなのが佐倉さん。

まあね、普通のクッキーの話をされても笑いに繋げるのは難しいですからね。

せめて焦げたりしていれば面白くできるのですけど。

 

でもそれ以上に大西さんが普通の女性みたいなことを始めたことに嫉妬しているような感じもしました。

佐倉さんも大西さんも家事とかしないイメージですからね(この後のコーナーで2人とも裁縫できることが判明しましたが)。

大西さんが料理を始めたことがショックだったのかも。

 

 

ちなみに今週のひだかくまでも日高さんが料理をした話をしてました。

日高さんの場合はきっちり笑いに繋がる出来だったようですが。

 

 

スポンサーリンク

裁縫でひだかくまと勝負

ひだかくまがやった裁縫。

ひだかくまをライバル視するあまり、としたいの二人も裁縫にチャレンジすることに。

 

正直佐倉さんも大西さんも裁縫できなさそうなイメージが強かったですが、完成したものを見る限りどちらも結構上手かったですわ。

 

 

大西さんは玉が取れて一部ダメになってますが、直線になっているのが凄いです。

佐倉さんの方は小さいですが、丁寧に縫って行こうとしている痕跡が見えますね。

 

お二人のこと見直しましたわ。

 

 

終わりに

今回はここで終了。

本放送を聞き逃した方、またおまけ放送を聞きたい方は、音泉のサイトで1週間無料公開されるアーカイブ放送を聞きましょう。

 


おまけ放送では使っているシャンプーの話題で盛り上がり、さらに大西さんのアイフォンでは誤変換が起こらない話も。

誤変換をトトロに例える想像力に脱帽です。

 

第213回の感想記事はこちらからどうぞ。

「佐倉としたい大西」第213回の感想 「綾音と沙織以外の候補の名前は?」