ソードアート・オンエアー第25回の感想 「SAOがなければバーチャルSNS cluster(クラスター)は存在しなかったかも」

この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はバーチャルSNSクラスターを運営する加藤社長がゲスト。

 

 


どんな関連でSAOのラジオに出演することになったのでしょうか?と思ったらSAOで人生変わったそうです。

 

人生に影響を与えるSAOって凄すぎじゃね?

 

 

 

第24回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第24回の感想 「松岡さんが視聴しているテレビ番組は?」

 

松岡さんが「科捜研の女」が好きというお話やアニプレックスの丹羽Pの好きなモノのお話などが聞けました。

 

 

 

スポンサーリンク

SAOアリシゼ―ション第4クール延期に関して

既に発表されているようにSAOアリシゼ―ションの第4クールは延期となりました。

それに関して松岡さんがラジオに中でお話されることに。

松岡さん曰く、みなさん(視聴者)にちゃんとしたもの、そして(スタッフ陣やキャストが)納得できるものをお届けしたいと。

 

もちろん不十分なものを放送しても、BDで差し替えたりすることはできます。

でもここまで品質に拘ってきたSAOですので、テレビで放映するものもクオリティーの高いものを視聴したいですよね。

 

個人的には7月延期は仕方ないし、英断だったと思います。

有料動画サイトなどではこれまで放送されてきたSAOを視聴できますし、またAbemaTVでも無料放送されてたりするので、7月まではそちらを楽しむようにすればいいと思います。

 

 

SAOがなければバーチャルプラットホーム「クラスター」は存在しなかった

 

今回のゲストはバーチャルプラットホーム「クラスター」の社長加藤直人氏。

昨今の事情で会社の会議室からテレビ電話で出演となったそうですが、その会議室の名前が「アインクラッド」。

何でも会議の結論が出るまで出ることができないからこういう名前にしたとか。

 

はい、この時点ではっきりわかりました。

この加藤社長、SAOのガチファンです。

 

SAO好きじゃなければ、そしてSAOの原作読んだりアニメを見てなければ会議室にアインクラッドという名前は付きませんよ。

 

そして加藤社長のお話によれば、SAOに影響を受けてクラスターを作ったそうです。

たしかにどちらも仮想空間ですからねえ。

SAOにヒントを得たとしても不思議ではありませんわ。

 

今回の出演はクラスターの知名度アップと同時に、SAO影響力を知らしめるためなんでしょうかねえ。

 

松岡さんもクラスターに興味を持ったようですし。

 

まさか松岡さんがコラボを提案するなんて。

そしてしっかり自分とユージオ役の島崎さんを推すところはちゃっかりしてます。

 

あと松岡さんと島崎さんをコラボに使ったら、おまけでアリス役の茅野さんとアスナ役の戸松さんも付いてくるそうです。

 

まあ確かにキリトとユージオが出演するならアリスとアスナも出演することになるでしょうね。

自然な流れだと思いますわ。

 

本当にコラボが実現するか今後の動向に注目です。

 

クラスターではEスポーツのイベントがあったり、バーチャルのライブがあったり、同人イベントがあったりするそうです。

興味がある方はクラスターを使ってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

アニメは延期となりましたが、ラジオは続くようです。

ただし松岡さんと吉田アナの間には昨今の情勢のためアクリル板で仕切りができたようですけど。

 

今回はSAOに影響を受けた代表としてクラスターの加藤社長が出演されましたけど、SAOに影響を受けたのは加藤社長だけではありません。

 

松岡さんの話によるとSAOを見た世代の声優さんがたくさん松岡さんのところに挨拶に来るそうです。

確かにSAOに影響を受けて声優さんってたくさんいそうですよね。

あれだけヒットしたのですから。

 

そのうちSAO本編にもそういう声優さんが重要な役で出てくるかもしれません。

もちろんアリシゼ―ション編以降の原作の話がアニメ化されればの話ですが。

 

 

YouTubeではディレクターズカット版も配信中。

興味がある方は是非聞きましょう。

 

 

 

第26回の感想記事はこちらからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第26回の感想 「松岡さん大興奮の理由は?」