ソードアート・オンエアー第37回の感想 「松岡さんが視聴した感想を大いに語る」

この記事は約4分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回もゲスト回。

ティ―ゼ役の石原夏織がゲストでした。

ただし今回も野球中継が延長となったため、ニッポン放送版はお休み。

今回の感想記事もディレクターズカット(しない)版のものとなります。

 

 


4クール目1話(通算13話)が始まったと言うことで1話の感想を話したり、ゲストの石原さんとアフレコの時の話などが。

今回は珍しく車の話が全くありませんでした。

その反動で次回車の話ばかりにならなければいいのですけど。

 

 

第36回の感想記事を読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第36回の感想 「ほぼSAOの話でアニメのラジオって感じでした」

 

前回は丹羽Pがゲスト。

珍しくSAOのラジオ番組のような感じでした。

まあ、それが本来の姿なんですけどね。

 

 

スポンサーリンク

松岡さんが語る1話(WoUとしては13話)の感想

 

いよいよ始まった4クール目1話(WoUとしては13話)。

今回松岡さんが1話の感想を大いに語っております。

 

松岡さん的にはOPとBパートで泣いたとのことです。

1話のオーディオコメンタリーを録る前に1話の完パケをもらった松岡さん。

 

OPの映像を見て「あと少しで終わっちゃうんだ」としんみりとなったそうです。

またBパートのとあるキャラの戦いのシーン。「辛すぎ」と一言。

 

Bパートの戦いで「辛すぎ」という感想が出てくるのはやっぱりベルク―イのことですかね?

すでに満身創痍のベルク―イですがやっぱり…。

 

 

ゲストの石原夏織さんとSAOのことをたくさんお喋り

今回のゲストはティ―ゼ役の石原夏織さん。

今回収録スタジオがいつものところと違うそうで、松岡さん、吉田アナ、放送作家さんが揃って遅刻。

ディレクターと石原さんと石原さんのマネージャーさんが待ちぼうけをくらったそうです。

 

初めてなのに迷わなかった石原さんのマネージャーさん優秀ですわ(石原さんはマネージャーさんに付いていっただけとのことです)。

 

さて石原さんはアリシゼ―ション編からの参加組。

ティ―ゼに決まる前からSAOを見てたという石原さんのSAOの感想は「ストーリーが面白い」。

確かにSAOのストーリーはいろいろ起こって飽きませんよね。

ちょっと他の作品に比べて悲劇的なことややり過ぎと思うシーンが多過ぎるような感じがしますが、だからこそ目が離せないのでしょう。

 

さらに石原さんは松岡さんのことやロニエ役の近藤玲奈さんのことをたくさん喋ります。

近藤さんとはSAOの現場で打ち解けた石原さんですが、石原さんは不思議な子とはわりかし早く仲良くなれるそうです。

相性がいいのでしょうねえ、そういうタイプと。

 

近藤さんについては吉田アナや松岡さんも巻き込んでいろいろ話しているので、興味がある方は是非聞きましょう。

 

 

スポンサーリンク

ソードアート・オンエアー第37回を聞き終わって

今回はここで終了。

次回も石原さんがゲスト出演するそうなので、一緒にコーナーをやるかもしれませんね。

最近コーナーをやってないので結構メールが溜まっていると思いますわ。

ボディプーンとか最後にやったのいつだろう?

 

そういえば以前ゲスト出演したシリカ役の日高里菜さん。

松岡さんが写真を撮らせてもらうという話だったのになかなか写真がアップされませんでしたが、ようやく公式ブログにアップされたようです。

 


ソードアート・オンエアー公式ブログの第37回放送の箇所。

日高さんと松岡さんのツーショットがアップされているので、興味がある方は公式ブログへどうぞ。

 

写真は打ち上げ会場で撮影したそうです。

 

 

第38回の感想記事はこちらからどうぞ。

ソードアート・オンエアー第38回の感想 「自分から行かないとダメ」