ソードアート・オンエアー第49回の感想 「話が広がりすぎて終わらない」

この記事は約4分で読めます。

感想(ネタバレあり)

今回も前回に引き続きSAOの総作画監督とキャラデザを務めた足立慎吾さんがゲストです。

吉田アナと足立さんって話し広げるのが上手いですねぇ。

さらに松岡さんも自分の好きな分野になると途端に饒舌になることが再確認できる回だったと思います。

車とお尻に関する熱量凄いです。

 

 


第48回の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第48回の感想 「この番組しばらく続くみたいです」

 

第48回は今回と同じく足立慎吾さんがゲスト出演し、SAOの昔の話が聞けた一方、キャラデザの話も聞けたのは貴重だったと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

2年目突入でもやっぱり車の話

今回から2年目に突入したこのラジオ。

吉田アナがこのラジオは面白いと冒頭で断言します。

確かに面白いですが、アニラジの面白さでなく声優さんのラジオ(というか声優さんが車を語るラジオ)としての面白さが前面に出てますからねぇ。

 

まあスポンサーであるアニプレックスの関係者(丹羽Pとか)も出演し、何ら文句が出なかったから、アニプレックス的にもこの形態に文句がないのでしょうね。

 

さて冒頭ではこれまでメールを読まれたリスナーさんからの返信メールが2通読まれます。

そこで話題になったのが軽トラとインプレッサ

 

当然松岡さんがここぞとばかりに車の知識を披露し、まだ呼ばれてないのにゲストの足立さんも加わって話が盛り上がる事態に。

 

やっぱりこのラジオ、車のラジオですわ。

 

 

これ飯のコーナーで話題がどんどん広がる

今回のコーナーはこれ飯。

最近コーナーはこれ飯しかやってない気が。

 

ボディプーンはともかく「キリトさん、これってモテてますか?」の方ももうやらないのでしょうかねえ。

まあ、女性ゲストが来た時のために取っておいているのかもしれませんが。

 

 

さてゲストの足立さんのこれ飯。

足立さん自身は「これ飯はない」ということでしたが、足立さんが婦人服のフロアへ行くという話に。

もちろん「キャラデザなどの仕事のために」という理由もあったみたいですが、同時に「着てみたい」という願望もあるそうです。

たださすがにそれはダメということで足立さんは来世「美少女に生まれ変わって着たい」とのこと。

これはガチですわ。

 

確かに女性ものの服ってバリエーションが多いし、可愛いものもたくさんありますからね。

デザインとかの仕事をしていればそれに魅入られても仕方ありません。

 

そういえば松岡さんは某作品でブラジャーを付ける漫画家の役もやってましたね。

この話を聞いてふと思い出しました。

 

足立さんの話に続いてリスナーさんのこれ飯の話に。

今回取り上げたこれ飯は「恐竜の模型」。

このリスナーさん、かなりガチなようで3Dモデルまで自分で作っているとのこと。

 

これは恐竜の話で盛り上がると思ったらその通りの展開へ。

まず松岡さんが恐竜を食べてみたいという話をはじめて、そこから吉田アナと足立さんが恐竜の話をどんどん広げていきます。

 

いやー、吉田アナと足立さんが喋り始めると止まりませんねぇ。

 

結局話し過ぎて1通しかリスナーさんのこれめしが紹介できない事態に。

 

ただエンディングでもう1通読む予定だったこれ飯のお題だけ出したのですが、なぜかそこからお尻の話へ。

お尻の話になったら松岡さんが止まりません。

さらに足立さんがも話に加わり、SAOの主要スタッフにはお尻すきが多い?という話へ。

 

ホントに話が終わりませんわ。

 

スポンサーリンク

ソードアート・オンエアー第49回を聞き終わって

足立さんって面白いですねえ。

SAO2期のころからラジオ出たいと懇願してたそうですが、もっと早く出てもらうべきだったと思います。

もう1回はゲストに来て欲しいですねぇ。

 

次回はSAOの話になるのか?いつもの通り車の話になるのか?

次回も楽しみです。

 

第50回の感想記事はこちらから。

ソードアート・オンエアー第50回の感想 「ヒミコに興味深々」