【2019年12月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ

この記事は約28分で読めます。

 

松岡さんが出演したり名前が出た番組やイベントをまとめた記事です。

今月も冴えカノ、トクナナなどの舞台挨拶やイベントが開催予定ですね。

イベントが行われたり、番組で名前が出たりした場合はどんどん追記していくので、暇な時などに確認に来て頂ければ幸いです。

 

松岡さんの2019年秋クールの出演予定などについてはこちらの記事をご覧ください。

松岡禎丞さんの「2019年秋クール」出演予定番組やイベントの情報一覧
2019年秋クールの松岡さんが演じるキャラと出演するイベントや特番のまとめ記事です。

 

また松岡さんが先月以前に出演したイベントな名前が出た番組のまとめはこちらから。

【2019年11月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ

【2019年10月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ 「冴えカノの舞台挨拶多過ぎ」

【2019年9月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ 「松岡さんはリコリスルートの正史化を望む?」

 

2020年1月のまとめはこちら。

【2020年1月】松岡禎丞さんが出演した番組や名前が出た番組のまとめ

 

松岡さんが主演した作品の続編率を調べた記事を作成しました。興味がある方はどうぞ。

松岡禎丞さんが主人公を演じたTVアニメシリーズの続編率って本当に高いのか調べてみた

 

スポンサーリンク

SAOゲームステージinKPF(12月1日)

北九州で開催されたSAOのゲームのステージイベントで松岡さんの名前が出てきました。

まあ、松岡さんの親友の島崎さんがSAOのステージイベントに出ているのですから、松岡さんの話題を出さない訳ありませんよね。

 

まずはSAOリコリスの話題の中で。

ゲームのワード数の話になり、松岡さんのワード数が1万5000だったとバンナムの二見Pが話してました。

夏のイベントでは2万5000?という話が出てましたけど、結局1万5000ワードだったのですね。

 

でも1万5000でも十分に多いです。

松岡さんがダンメモでギネスに認定されましたけど、そのワード数が1万175だったのですから。

キリトはゲームの中で喋りまくりなんでしょうねぇ。

 

またリコリス限定版に付属するSAOのゲームでお馴染の座談会。

そこに島崎さんと松岡さんが参加されたようですが、松岡さんは本気で凹んでブルーになってたそうです

 

同じ座談会に参加した日高里菜さんが凄かったとツイッターで呟いていたので、座談会で何かがあったのは確かのようですわ。

 

最後にクイズコーナーの中で松岡さんと島崎さんとSAOがみんな今年で10周年とのこと。

島崎さんは松岡さんと同じくキリトでオーディションを受けて結構良いところまで行ったらしいです。

場合によってはキリトを島崎さんが演じてた可能性もあったのですね。そうだとユージオが松岡さんになってのかも。

 

さらにSAOの原作者川原礫先生と松岡さんと島崎さんが対談したとこと。

雑誌に載るか、ネットで公開されるかはわかりませんが楽しみですわ。

 

松岡ハンバーグ第40回(12月2日配信開始)

 

今回は小松未可子さんのゲスト回。

松岡さんと小松さんと言えばモーパイですが、モーパイの話も出てましたよ。

というか、ダイジェスト版はほぼモーパイの話しかしてませんけどね。

 


ではいつものようにダイジェスト版の内容を箇条書きにしてみます。

 

  • オープニングは落ち着いた感じ
  • アシスタントはみなさまです
  • 右肩が痛いのテンションが低い
  • 正確言えば右肩から肩甲骨までが痛い
  • やすきよから貰った誕生日プレゼントは重宝しているらしい
  • まだ見ぬハンバーグを求めて頑張る
  • スケジュールはOK?
  • 「みかこし」ではわからないリスナーがいるかもしれないので小松未可子さんと言い直す
  • 今回のハンバーグはみかこしのリクエスト
  • 珍しく詳しい食レポやっている
  • 松岡さんと小松さんのまともな初共演作モーパイ
  • 松岡さん曰く、モーパイのみかこしは頑張っていた
  • モーパイの収録は放送の1年前に終わってた
  • モーパイのメンバーはきつい、そして飲み会がエグイ
  • モーパイの飲み会でヤバかった声優さんの名前を明らかに

 

今回はモーパイの話の途中でダイジェスト版は終了。

その後の話が気になりますね。

 

続きを聞きたい方は音泉のプレミアムサポーター(有料会員)になって完全版を聞きましょうね。

 

スポンサーリンク

ソードアート・オンエアー第8回(12月3日放送)

 

SAOのラジオというよりは松岡さんの個人ラジオのような様相になっているこのラジオ。

松岡さんファンには嬉しい限りなのですが、さすがにSAOという冠付いているのでもう少しSAOの話もした方が。

アリシゼ―ションの名前は付いてないので、もっと劇場版や1期や2期の話をすれば良いのでは?と思いますわ。

 

では今回も松岡さん関連の話題を箇条書きにしていきます。

 

  • このラジオでは松岡さんはあごのところにマスクをずらしており、マスクの中には芳香剤のようなものを入れている
  • 声優さんが5日間連続で休めるのは年末年始しかない
  • 松岡さんは国内旅行派
  • 杉田・中村・島崎・内田の各氏と一緒に去年の年末に行った温泉旅行の話
  • 温泉旅行は内田さんに誘われた
  • 去年の年末は家でゆっくりするつもりだった
  • 今年の年末年始はこのラジオの収録時点でや亭は無い
  • ボディプーンのネタのため吉田アナが松岡さんへ帰省を促す
  • 松岡さんは9年間帰省してない
  • 日高さんの写真を撮るのを忘れた
  • このラジオの収録前日が日高さんと一緒のレギュラーの収録の最終日だった
  • コーナ―メールの1つ目で答えに迷う
  • 2つ目のメールはどっかで聞いたような内容
  • 松岡さん曰く、女性は興味本位でいろいろ聞いてくる
  • 下の名前で呼び合っているのを見れば松岡さん的には付き合っているのでは?と思う
  • 松岡さんは他人の恋愛に興味が無い
  • SAOのアフレコの映像はすぐには思い出せない一方、アニメのシーンはすぐに思い出す
  • 1度見た作品は見返さないけど、オーデイナルスケールは例外
  • 天﨑滉平さんから誕生日に貰ったグラスでハイボールを飲む
  • グラスに合わせて丸い氷を作る機械が欲しい
  • 次回はお休みでその次が年内最後
  • ゲストに島崎さんを希望するけどゲストはSAOの原作者の川原礫先生に決定

 

松岡さん的にはプライベートのお話がいっぱい出て、収穫の多い回だったと思います。

天﨑さんから貰ったグラスをかなり気に入っているようですねえ。

この話を松ハンに送れば、松岡さんと天﨑さんの良いリアクションが聞けるかもしれません。

そして高い確率で岡咲さんが嫉妬するはずw

 

あと「下の名前で呼び合っているのは付き合っていると思う」という考え方は結構興味深かったです。

ただこれがご自身にも適用されるかどうかはわかりませんけど。

適用されると「信長」「禎丞」と呼び合っている島崎さんと付き合っていることになりますからね(飛躍し過ぎ)。

 

 

昼「ケンガンアシュラ」スペシャルイベント 〜拳願仕合2019 in 有明〜の部夜の部(12月7日)

Netflixで独占配信中のアニメケンガンアシュラ。

そのイベントが開催され松岡さんも出演されました。

 


イベントに参加したファンの方の呟きによると、鈴木達央さんや遊佐浩二さんとのトークが多かったようです。

そしてファンの方がこぞって挙げていたエピソードがこちらとなります。

 

アフレコのテストの時、音響の方から抑えめでいいですよと言われた鈴木さんと松岡さん。

それに対して二人は、

 

 

松岡さん:「抑えるって何ですかね?」

鈴木さん:「俺たちの辞書に抑えるっていう言葉はねえよ」

 

 

ファンの方の呟きによってはちょっと言葉が違う場合もありますが、だいたいこのような意味のことを言ったようです。

 

さすがアイムの系譜。

先輩も後輩もテストの時から全力全開で行くというのが痺れますねぇ。

こういう姿勢で臨むからこそ、お二人とも売れっ子なんでしょうね。

 

スポンサーリンク

「SAOアリシゼーション リコリス発売日決定SP!」(12月8日放送)

 

SAOの家庭用ゲームを振り返るという企画だったのが、いつの間にかリコリスメインの企画になっていたこの番組。

内容代わりましたが松岡さんはしっかりと出演されていました。

 

 

今回は松岡さんの後輩である岡咲美保さんも追加ゲストとして出演。

松岡さんとの仲の良さがかなり伝わってきました。

 

つ~か、松岡さんに対してあれを2回もして、松岡さんがあんまり嫌がらないなんて。

2017年のダンまちの特番では同じようなことを大西沙織さんがやって松岡さんが仰け反ったのに。

 

何をやったかはご自身でご確認ください。

番組開始15分30秒付近と24分30秒付近でそれを見れますので。

 

15分30秒付近の方は松岡さんが事前に何か岡咲さんに言ってたのかもしれませんね。

番組内でお願いすれば何とかなるとか。

でもそういう風な流れにならなかったから、松岡さんに対して「話が違うじゃないですか」という意味であれをやったのかも。

だからその後に松岡さんが「大丈夫大丈夫8か月後ぐらいに出るから」と言ったのかと。

まあ、あくまで勝手な予想なので信用し過ぎないでくださいね。

 

 

あることをした以外にも松岡さんが岡咲さんに対してサムズアップしているところもありましたし、松岡さんはかなり岡咲さんに気を許しているようです。

まあ、後輩ですからこれぐらい普通なんでしょうけど。

 

では今回も内容を箇条書きにしてみます。

 

  • シャーロットのぬいぐるみで顔を隠しながら自己紹介
  • うちの岡咲が…と言い掛けて無言になる
  • まだユージオのことを引きずっている
  • リコリス以外のゲームに出てきたキャラ達いわゆる「昔の女たち」のことを説明する際、「仲の良い友達です」と紹介し、岡咲さんに引かれる
  • 「仲の良い友達」発言に対してすかさず吉田アナから「文春砲を撃たれた人が言うこと」とツッコミを入れられる
  • ユージオはヒロイン?と質問されて、島崎さんがヒロインであることを認めたことを聞いた後、「あいつ(島崎さん)が言ったんですか?」と確認して「ユージオはヒロイン」だと追認する
  • ユージオはヒロイン?と聞かれた時にアリスとアスナの顔がチラついたらしい
  • 過去のゲームの紹介で絶妙なコメントを入れる
  • 某ゲームが発売された6年前、岡咲さんが学生だったと聞いて「自分の歳を感じちゃう」と言って落ち込む
  • 松岡さんは「仕事したいマン」
  • キャラのスカートの中が見えてもいいようにモザイクを提案するが、岡咲さんに再び引かれてしまう
  • 二見P・松岡さんと岡咲さんの間に見えない壁ができる
  • 二見Pとキリトの性癖は一緒
  • AIゼロの話をして岡咲さんが驚愕する
  • サチの名場面を見て「これはダメですよ」と言う
  • リコリスの音声を録るのに松岡さんは2か月掛かった
  • キリトは1万5000ワードで、岡咲さんが演じるメディナは3000ワード
  • 二見Pと松岡さんの会話はゲームのプロデューサーと主演声優の会話じゃないと言われる
  • ボス戦で「もうダメだ」と弱音を吐く
  • 生アフレコをなぜかシャーロットのぬいぐるみを手にはめて行う
  • ゲームの限定版に封入される座談会について「カオス」と表す
  • 座談会はケチャップがヤバいらしい
  • キリトとユージオの抱き枕を提案する
  • 岡咲さんが松岡さんの横に座って番組出れて嬉しかったと発言
  • 最後の挨拶で決められない松岡さん
  • 松岡さんの本体はシャーロット

 

 

ほぼ2時間あったのですが、面白すぎて視聴するだけで疲れました。

松岡さんファンなら見どころ満載なので、この箇条書きで満足せず、是非本編を視聴してください。

 


YouTubeでは改変前のタイトル「SAO家庭用ゲームシリーズ 2019年振り返りwith松岡禎丞」で配信されています。

 

 

矢作エンタープライス忘年会(12月8日放送)

 

松岡さんの先輩矢作紗友里さんがMCを務める番組。

その毎年恒例の忘年会回で松岡さんの名前が出てきました。

 

番組開始10分15秒付近。

アイム2年目の新人声優である薄井友里さんがアニメのお兄ちゃんキャラが好きという話の途中。

矢作さんが「誰が演じるお兄ちゃんが好き?」と薄井さんに尋ねます。

 

その質問に対する返答として薄井さんが名前を挙げたのが「松岡さん」。

この答えに矢作さんは想定外だったというような顔をします。

 

まあね、矢作さんと松岡さんって矢作さんが先輩ですけど、歳は同じですからね。

だから同年齢の松岡さん=お兄ちゃんというイメージがわかなかったのでしょう。

 

ただ松岡さんはエロマンガ先生、ノゲ、五等分の花嫁など数多くのお兄ちゃんキャラを演じていますからね。

若い声優さんが松岡さんをお兄ちゃんを上手く演じる声優さんと挙げるのも不思議ではありません。

 

この薄井さんに限らず松岡さんの声や演技に憧れている若い声優さんって多いのかもしれませんね。

 

 

 

劇場版冴えカノ舞台挨拶(12月14日)

公開8週目に突入した劇場版冴えカノ。

大ヒット御礼ということで舞台挨拶が開催され、松岡さんも出演されました。

 


松岡さん、親友の島崎信長さんと朝まで飲んでいたそうで、かなり状態が悪かったらしいです。

しかしそれでも見せ場を作る松岡さんは流石です。

 

舞台挨拶を観賞された方の呟きで松岡さん関連の話を見てみると前述した島崎さんと朝まで飲んでた話以外だと、

 

  • 寝不足で松岡さんの目が二重になってた
  • 島崎さんの話をしたら茅野さんと大西さんに窘められた
  • 茅野さんと大西さんが冴えカノ以外の話をすると松岡さんが窘めた
  • 大西さんだけ後日リテイクがあり、松岡さんと茅野さんに相談した?
  • 大西さんがえりりのセリフを再現した際に、松岡さんがダメ出しした
  • 茅野さんと大西さんのイチャイチャを見て松岡さんが何か言いたそうな表情だった?

 

こんな感じだったようです。

なお舞台挨拶は2回あり、上記の箇条書きは2回分をまとめて書いております。

 

時期的にそろそろ年末公開の映画がどんどん上映されることになり、劇場版冴えカノの公開もそろそろ終わりになると思います。

 

残すはイベント(あればの話ですが)のみ。

仮にあれば争奪戦必死でしょうねえ。

でも開催して欲しいですわ。

 

スポンサーリンク

松岡ハンバーグ第41回(12月16日配信開始)

今年最後の松ハンです。

今回は伊藤かな恵さんがゲスト。ダイジェスト版でも松岡さんと共演した時の話などが聞けましたよ。

 

 


いつものようにダイジェスト版の内容を箇条書きにしていきます。

 

  • 自己紹介で松岡さんが遊ぶので後輩の2人が苦労する
  • 岡咲さんは松ハンで緊張しなくなった(ゲスト回は除く)
  • 10年前の松岡さんなら41回やってもたぶん緊張が取れなかった
  • 松岡さん界隈の話だと松岡さんが後輩などを誘って食事に行くことが多くなったらしい
  • 週1で松ハンの捕食者(山本格さん)と食事に行っているらしい
  • 今回の収録の前日も山本さんとお食事に行った
  • 来年のイベントのアイデアを募集
  • ゲストにお約束を教えない
  • ラジオなのにハンバーグを食べている時は喋る必要なし
  • 伊藤さんは松岡さんがハンバーグを作る番組だと思ってたらしい
  • つぐバーグの秘密で考え込む
  • 松ハンの役割の話を伊藤さんに説明
  • 伊藤さんは同じ年齢だけど2年先輩
  • 二人の初共演は超電磁砲の1期
  • バトルスピリッツで伊藤さんと松岡さんが2人で話した思い出
  • 同じような質問を他の方にも話してた

 

 

松岡さんと伊藤さんの昔話の途中でダイジェスト版は終了。

ホント良いところで終わりますねえ。

 

松岡さんと伊藤さんと言えばSAOですけど、それ以外の作品の時のお話を聞くのは結構貴重かもしれません。

続きを聞きたい方は是非音泉のプレミアムサポーターになりましょう。

 

 

あと来年のイベントのゲストが発表されました。

気になるゲストは日笠陽子さん。

 

 


この人選でイベントが捧腹絶倒になるのがほぼ確定しました。

気になる方は是非。

 

 

普通にラジオをお届けしたいラフタリアとフィーロ SP回(12月16日配信開始)

 

盾の勇者のラジオ番組「おしたい」。

ノゲラジ並みに復活するこのラジオの中で松岡さんの名前が出てきました。

 

番組開始35分12秒付近から。

日高里菜さんがインタビューを受けているという体で質問されるのですが、その質問というのが「日高さんは女性の尻が好きというのは本当?」というもの。

 

その質問に対してすぐに訂正を求める日高さん。

そこで松岡さんの名前が。

 

確かに尻が好きなのは松岡さんですからね。

日高さんは女性が好きなだけなので。

 

これでこの話が終わると思ったら次も同じ尻の話。

そこで日高さんが「(この尻の話で」剣の勇者(CV松岡さん)と初めて意気投合したというか、ここまで熱く語れたことはなかった」とまで言ってました。

 

何か尻の話、日高さんや松岡さんが出演する他の番組にも波及するような気がしてきましたわ。

 

通常配信が隔週配信で二回配信の茅野さんは好きですか?第24回(12月18日配信)

 

茅野愛衣さんがパーソナリティーを務めるラジオ。

ようやくというか、やっと松岡さんの名前が出てきました。

まあ、茅野さんが松岡さんの話題を出したのではなく、リスナーさんのメールの中で松岡さんに言及したところがあったのですけどね。

 

番組開始19分ごろ。

冴えカノの舞台挨拶に参加されたリスナーさんが「茅野さん、安野さん、大西さんにママみを感じた」一方、「松岡さんにもパパみを感じた」という内容。

心なしか茅野さんのテンションが少し上がった様な感じでした。

 

松岡さんにパパみを感じる方が出てきたのですねぇ。

でも松岡さんも今年で33歳。

年齢的にはパパみが出てきても良い歳かぁ。

 

スポンサーリンク

佐倉と内田のガンガンGAちゃんねる第69回(12月19日配信)

 

今回は松岡さんの当番回ではありませんが、番組冒頭から松岡さんの名前が出ていまいた。

 

番組の冒頭も冒頭、他のパーソナリティーコンビと会ってないという会話の中で内田真礼さんが「松岡君まだいるんですか?」と言っちゃったのです。

 

もちろん内田さんは冗談半分で言ったのだと思います。

内田さんと松岡さんは日ナレ時代に一緒に学んだ仲。

言ってみれば他のアイムの声優より知り合ってからの期間が長いのですから、これぐらいは言えるのでしょう。

 

あと今回松岡内田(弟)コンビが所有しているペアチャレンジ優勝のご褒美が合法的に佐倉内田(姉)コンビに奪われちゃいました。

 

長い間使わなかったので、松岡内田(弟)コンビにも問題がありますが、奪われた以上、松岡内田(弟)コンビにも佐倉内田(姉)コンビから何か奪うチャンスを与えてほしいですわ。

 

 

「トクナナ」Blu-ray&DVD発売記念イベント(12月21日)

 

トクナナのイベントに松岡さんが初めて参加されました。

トクナナのイベントは下野さん、鈴木さん、津田さんの3人の座組でやるのが恒例となっており、松岡さん的に緊張されたと思いますが、結構和気藹々と進んだようです。

 


今回のイベントについてはブログに詳細に感想を書かれている方もおられるので、詳しい内容についてはググって探してください。

 

松岡さんに関してはトクナナやSAOで共演している平田さんとの挨拶のやり取りに注目した方が多いようですね。

他の声優さんと良い関係を築けるのはファンとしても嬉しいですわ。

 

 

ジャンプフェス2020 鬼滅の刃スーパーステージ(12月22日)

 

ジャンプフェス2020内で開催された鬼滅の刃のステージイベント。

伊之助役の松岡さんもステージイベントに出演されました。

 


松岡さんはいつものと一緒な感じ。

要所要所ではコメントを入れておりました。

例えば無惨の圧倒的な強さを強調するところでは「(無惨に勝つのは)諦めろ」とか言ってましたし。

 

松岡さん的に見どころは無惨役の関俊彦さんの手紙を代読したところと、考案した鬼を紹介するコーナーの2つでしょうね。

 

関さんの手紙を代読するところでは、抑揚などを付けて聞き取りやすかったです。そして関さんのお茶目なところを現すためにいきなりショタ声になるところは最高だったと思います。

まあ、途中で噛むのはお約束。

下野さんにはしっかりとツッコまれていましたが。

 

もう一つの考案した鬼を紹介するコーナー。

松岡さんが考案した鬼の名前は「鬼ON」?

見た目は某ゲームのボスキャラをデフォルメ化したようなもの。

下野さんか花江さんが「緑色?」とツッコんでいたので、みなさん把握したのでしょう。

松岡さん曰くこれを描くのに3回リテイク食らったようです。

よっぽど見せられない絵を描いていたのでしょう。

 

たぶん某グランクレストのステージイベントで描いた時と同じように目のところに黒い棒を入れただけでそのままの姿描いた可能性大だと個人的には睨んでおります。

 

短い時間ですが面白いステージだったと思います。

1週間はニコ生のタイムシフトで視聴できると思うので、ニコニコのプレミアム会員の方は視聴していいと思います。

ただし原作未読の方はネタバレ満載なのでご注意を。

 

スポンサーリンク

食戟のソーマSP生放送(12月22日配信)

ジャンプフェスタ2020のステージイベントの一環?として配信された番組です。

YouTubeで配信されたのと同時にジャンプフェスタの会場でも配信されていたようですね。

 

 


この番組に創真を演じる松岡さんも出演されました。

アニメのアフレコの話や原作者である附田先生が裏話的なことをどんどんお話されたので、松岡さんファンのみならずソーマファンにも大満足な番組だったと思います。

 

時間にして70分以上という結構な長丁場だった番組なので、内容を軽く箇条書きにしておきます。

 

  • えりなのフィギュアを触ろうとする(触った?)
  • 午前中のステージは感無量だった
  • カメラ目線と手振りでコーナー紹介
  • 四宮に食劇を挑むシーンはアフレコと家で視聴する時の2回鳥肌が立った
  • アフレコ時のテストと本番で違うことをする人がいると暴露
  • 月響祭の感想でえりなパパ(おとうはん)登場で空気感が変わったと話す
  • アフレコは楽しいけど大変
  • 司会の松澤千秋さんから進級試験の場所と松岡さんの出身地に掛けて話を振られるが話を振られると思ってないようで咄嗟に良い返しができなかった
  • 司先輩役の石田彰さんと話したいけど話せない
  • 石田さんと掛け合いができて嬉しかった
  • 斎藤先輩と戦った連帯食戟で創真が作った料理の名前を言うのが難しかった
  • 神ノ皿最終回の見どころは「謎の男」と発言
  • たみなさんが言った「波乗りジョニー」に大爆笑
  • 最後の挨拶で言葉を掛けようとして失敗してしまう

 

 

今回も松岡さんは平常運転でしたが、相変わらず要所要所で見せ場を作ってくれますね。

ソーマは次で5期。

ここまで長く続く作品も珍しいですので、5期豪ノ皿も頑張って欲しいです。

 

 

聖夜の『SAO アリシゼーション リコリス』限定版最新情報SP(12月25日放送)

 

この番組には松岡さんは出演してませんでしたが、番組内でリコリス限定版に付属する座談会の映像が流れ、そこに松岡さんも出演しておりました。

 

公開された映像は3分程度のかなりぶつ切り状態のものだったので、細かい内容まではわかりませんでしたが、シリカ役の日高里菜さんが研究所の所長(?)に扮して松岡さんたち研究員にいろいろお題を出していく感じのようです。

 

リコリスのプロデューサーである二見Pの話によると、尺は80分近くあり、そこから編集するとのこと。

編集してもかなりの尺になりそうですね。

松岡さんファンとしては楽しみとしか言えません。

 

またこの番組内で来年1月13日に松岡さんと茅野さんをゲストに呼んでSAOのゲームの生放送番組が放送されることが発表されました。

 

こっちも楽しみですわ。

 

 

SAO年末AbemaSP特番(前半)(12月28日)

アニメの節目節目に特番を放送してくれるAbemaTVさん。

今回もWoUの第1クールが終わるというタイミングで特番を放送してくれました。

そのことには感謝です。

 

ただAbemaTVさんの特番ってネタに走り過ぎるところがあるのですよね。

例えば今年の夏に放送された特番とか。

 

で、今回の特番ですが今回もネタに走り過ぎ。

まあ特番の後半までを一つの番組と考えれば辛うじて許容できるかなと思いましたわ。

 

さてこの前半では松岡さんはあまり喋りません(VTRの視聴中は除く)。

もちろんアニメのキリトが喋らないという設定をそのままこの特番に持ち込んだのですけど、喋ってナンボの声優さんが喋らないのは結構キツイと思いますわ。

まあ、松岡さんの真横に小型カメラが設置されていたので、演出的に松岡さんの顔芸を期待したのでしょう。

 

今年放送された鬼滅テレビにおいて松岡さんの顔芸が受けていたので、それの時の再現を狙ったのかもしれません。

普段他の番組で見せないような松岡さんの悪い顔は良かったですわ。

 

もちろん喋れないといっても一言も喋らなかった訳ではありません。

例えば冒頭でアスナの名前を言わず「リズ」と言って爆笑を誘ってましたし、EDを歌っているLiSAさんのインタビューの件では真面目なこと話してましたし。

 

ただやっぱり自由に喋って欲しかったです。

面白い松岡さんを求めるファンもいますが、同時に松岡さんの作品や演技に関する話を聞きたいファンもいるので。

 

あと番組後半のキリトの介護役選手権。

あの風船の件は松岡さんが可哀想でした。

同時に松岡さんが自分で風船割るところは笑いましたけど。

 

 

SAO年末AbemaSP特番(後半)(12月29日)

 

SAOアリシゼ―ションWoU12話の放送後に始まった特番の後半。

こっちでは松岡さんが自由に話していました。

 


そしてこの特番を見て「松岡さんから話を引き出すのは茅野さんが一番うまい」と思いましたわ。

ホント上手いのですよ、自然に松岡さんから話を引き出すの。

ノゲラジで1年一緒にやったのは伊達じゃないというところなんでしょうね。

 

前半と違いこっちでは「最終回に出番がなかったけど別の仕事で隣のスタジオにいたのでアフレコ時に顔を出した話」とか、「キリトのセリフの出し方でNG食らった話」、そして「アリシゼ―ションの最初のアフレコ時に見知った顔がなかったので寂しく感じた話」などが聞けてよかったです。

 

キリトのセリフと言えば、特番の中で作中キリトが何回しゃべったか数えてましたが、まさかの約20回だったとは。

別の作品のソーシャルゲームのセリフ数でギネス持っている松岡さんが主人公なのに20回しかしゃべってないなんて。これってダンまち1期で149ワードしかセリフがなかった大西沙織さんより喋ってませんからね。

何か贅沢な使い方だと思いますわ。松岡さん忙しいのに。

 

これ以外にもシノン役の沢城みゆきさんがVTR出演し、松岡さんに対してメッセージを言う時、畏まる松岡さんも良かったです。

 

特番の後半はとても良かったと思います。

次の特番がある場合は是非特番後半のような番組構成にして欲しいです。

 

 

スポンサーリンク

ソードアート・オンエアー第10回(12月31日放送)

年内最後の放送となる今回も前回に引き続きSAOの原作者である川原礫先生がゲスト。

今回もいろいろなお話が聞けました。

 

では松岡さん関連の話題を箇条書きにしてみます。

 

  • SAOWoUの10話以降出番がなかった
  • SAOにこんなに出なかったことはなかったので逆に新鮮だった
  • 松岡さんが現場に来なかったことでアリス役の茅野さんから苦情(愚痴?)を聞かされる
  • 川原先生の「キリト不在に慣れてきた」という発言を聞き、「(戦力外の)通知が来た感じ」と言って笑いを誘う
  • SAOの兵士の動きをAIで動かしていることに時代の流れを感じると感想を言う
  • ダークテリトリー軍の種族毎にガヤを収録したらしい
  • 「日高さんは尻マニア」という自分の性癖と日高さんの趣味をごちゃまぜにした発言をしてしまう
  • 歯車が好きと発言した川原先生に対して「同類じゃないですか」と発言する
  • 吉田アナのペテンのような説明に納得しそうになる
  • Y’sRoadでパーツを見るのが楽しい
  • 「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル- in KYOTO」の話を聞き、自分も行きたいと発言し、後輩の内田雄馬さんに運転させて行こうかなと言ってしまう
  • 2019年の総括で「激動だった」「今年が一番つらかった」「年々早く感じる」と発言

 

今回はアニメの話も結構長く聞けて良かったですわ。

一応このラジオはSAOのラジオなので、もっとアニメの話をすべきだと思います。

まあ、私は松岡さんのファンなので、松岡さんの新しい一面を知ることができる現状でも良いのですけど、さすがにSAOのファンは怒ると思うので。