刀使ノ巫女特番で飛び出した大西さんの新ワード「大西の幸せを願う~」とは?

スポンサーリンク




この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

「エターナルぺったん」、「大和平野」など数々の大西沙織さんの関する名キーワードを生み出してきた刀使ノ巫女の特番。

 

 

 

今回も新しいキーワードが飛び出しました。

 

そのキーワードは「大西の幸せを願う~」

 

実はこのキーワードは刀使ノ巫女とは全く関係ない別作品のOPの空耳なのです。

そしてそのアニメには大西さんが出てないし。

 

出てない作品で生み出されたキーワードが、別の作品の特番のコメントで流れるってホントニコニコ特有の文化ですね。

 

前回の特番についての記事を別に書いているので興味がある方はどうぞ。

大西さんが大暴れするから「刀使ノ巫女」の特番は面白い

 

スポンサーリンク

大西さんの不満顔で始まった今回の特番

番組開始前、ニコ生の特番ではいろんなコメントが流れるのがお約束。

特に大西さんが出演する刀使ノ巫女の特番の場合、大西さんが演じる十条姫和にちなんだ言葉「エターナルぺったん」や「大和平野」などのコメントがたくさん流れます。

 

どういう意味であるかはわかりますよね。

まあ、想像通りです。

「ぺったん=平野=平たい=どっかの部分が」ということです。

 

当然こんなコメント見たら怒るのは当たり前。

番組開始してスタジオに切り替わった途端、画面にはふて腐れている大西さんの顔が。

 

でもこれもある意味お約束ですからね。

大西さん自身がどう思っているかはわかりませんが、大西さんは冒頭こういう態度を取るのは。

 

お約束を遂行する大西さん。

役者の鏡ですわ。

内心はともかく、しっかりと与えられた役割を演じているので。

 

 

大西の幸せを願う~の元ネタは?

 

いつものようにコメントに遺憾の意を表す大西さん。

ただいつもと違い、コメントに流れていたキーワードが気になったようです。

 

それが「大西の幸せを願う~」というキーワード。

正直私も知らないキーワードであり、一体元ネタが何か気になっていました。

そしてほどなくコメントで元ネタが明らかになります。

 

どうやら世話焼き狐の仙狐さんのOPの歌詞の一部が元ネタだったのです

 

それを知った大西さんは思わずこう言ってしまいます。

 

「それ全然関係ないアニメじゃん」。

「(仙狐さんに私は)出てない、出てない」。

 

仰る通り、大西さんとも刀使ノ巫女とも全く関係ない作品。

無理やり繋がりを探せば、そのOPを歌っている1人が大西さんの事務所の先輩である内田真礼さんということぐらいですかね。

 

しかし多くの人が元ネタ知ってたのですねえ。

大西さんが聞いた途端、凄い数の「仙狐さん」というコメントが流れていたので。

 

元ネタを全く知らなかった私。ものすごく恥ずかしくなってしまいました。

もう少しアンテナを広げなければいけませんね。

 

 

あとこの流れの最後に大西さんがこう言って〆ます。

 

「仙狐民はお帰りいただいて」

 

下手すれば視聴者が減るかもしれないのに、あえてこういうことを言ってしまう大西さん。

結構勇気ありますね。

普通の声優さんだったらこういう言葉言えませんよ。

そんな他の声優さんが言わない台詞を吐くのが大西さんの魅力なんですけどね。

 

スポンサーリンク

大西さんと石原夏織さんの共通点は?

 

さて今回の特番。

MCを務めるのは石原夏織さん。

大西さんと石原さん二人だけというのは何か珍しい感じがしますが、実はこのお二人には共通項があったのです。全部で3つ。

 

まず1つ目が誕生日。

実はお二人とも「8月6日」が誕生日なのです。

声優界では他にヴィムスの大地葉さんも同じ日生まれ。

案外いたのですね。

大地さんも含めてみんな第一線で活躍されている方ですし。

 

2つ目は名前に「織」が付いていること。

確かに「夏織」と「沙織」で織が付いてますね。

もしかして七夕にちなむためにこのお二人をキャスティングにした?

 

そして共通点3つ目。

それは二人ともこの日ピンキーリングを付けていること。

いやいや、これはちょっと間が悪かったですね。

某大規模掲示板でネタになっている時にそれを着けるなんて。

 

 

 

まあなぜか掲示板ではスル―されていましたけどね。

 

そしてこのピンキーリングが映し出された場面で「大西の幸せを願う~」とコメントが。

このコメントをした視聴者さんのセンスの良さに脱帽ですわ。

 

 

ちなみにピンキーリングって右手と左手で意味が違うそうです。

右手の場合は「魅力を高めたい時」、左手の場合は「願いを叶えたい時」。

お二人は右手につけていたので、あんまり深い意味はないようですね。

 

これが左手だったら今頃大騒ぎだったかも。

左手の場合は願いを叶えたいとき=好きな人へのアピールという意味があるそうなので。

 

タイトルとセットに文句を言う大西さん

 

今回の特番のサブタイトルは「七夕直前スペシャル」。

確かに七夕前ですが、まだ1週間以上も先。

さらに七夕直前と言っているわりに、それにちなんだ竹や短冊などを飾っている形跡ないし。

 

そりゃあ大西さんじゃなくてもツッコミますよ。

いやさすがにクライアントに立てつくように思われるので言わないか。

でも言ってしまうのが大西さんなんですよ。

 

たぶん大西さんがこんなことを言っても大丈夫なくらいスタッフさんたちとの信頼関係ができているのでしょうね。

またスタッフさんたちからしても、大西さんが言及してくれたことでコメントで辛辣なツッコミされることがなくなりますので。

 

大西さんなりに計算した上であえて文句を言ったのだと個人的には思います。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回書いたのは特番開始8分ぐらいで起こったことのみ。

1時間27分の番組の冒頭8分でこれだけ濃いことが起こったのですから、凄いとしか言えません。

もちろん今回書いてないところでも面白いシーンはたくさん存在します。

YouTubeでも公式配信されているので、気になった方は是非視聴しましょう。