小澤と嶺内のガンガンGAちゃんねる第70回(2020年1月16日更新分)の感想 「去年1年を漢字一文字で表すとどうなる?」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今年1発目のガンガンGAちゃんねるのパーソナリティーは小澤・嶺内コンビ。

去年の11月が当番回だったので2か月ぶりですね。

 

前回の当番回ではうどん作ってた印象が残っていますわ。

 

さて今回は去年を漢字一文字で表現したり、お年玉をゲットするためゲームにチャレンジしたりしております。

 


小澤さんと嶺内さんは袖なしルールを守っている衣装ですが、前回佐倉・内田コンビが打ち出した袖なしルール廃止の話は把握しているようでした。

 

次回からは袖なしルールに拘らない衣装になるかもしれませんね。

残念と言えば残念ですわ。

 

69回の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

佐倉と内田のガンガンGAちゃんねる第69回(2019年12月19日更新分)の感想 「袖なしルール廃止?」

 

佐倉・内田コンビがたくさんのプレゼントをゲットしてウハウハ状態でしたね。

また袖なしルールが事実上廃止され、ガンガンGAちゃんねるの歴史に残る回だったとも言えます。

 

 

スポンサーリンク

去年1年を漢字一文字で表現するとどんな漢字をチョイスする?

 

リスナーさんからのメールで去年1年を漢字一文字で表現するとどんな漢字になるか聞かれたお二人。

まず小澤さんは「楽」という漢字を選択。

小澤さんは新春にその年のテーマを決めるそうで、去年のテーマは自由。そしてテーマ通り自由に過ごし楽しかったからこの漢字にしたそうです。

 

一方の嶺内さんは「平」の漢字をチョイスします。

去年は山あり谷ありのような年ではなくずっと平坦だったのでこの文字にしたとか。

小澤さんも言ってましたが、一番良いですよね、ずっと同じペースで1年過ごせるのは。

 

波乱万丈が面白いという風潮がありますけど、それは実際にそういうことを経験しない人が言うものですので。

人間ずっと真っ平が一番幸せですわ。

 

 

二人の今年の目標は?

 

続いて今年の目標について発表します。

まずは小澤さん。

今年は勉強を頑張りたいそうです

そして小澤さんが具体的にあげたのが「ペン習字」。

あんまり勉強って感じではありあませんが、文字がキレイだとどんなところでも一目置かれますからね。

手軽に始めることもできるので勉強の取り掛かりとしては案外良いかも。

 

一方嶺内さんの方はどんな人とも喋れるようにコミュ力向上を目指したいそうです。

今でも十分コミュ力ありそうな感じですが、嶺内さん本人はまだまだと思っているのでしょうね。

まあ、嶺内さんが所属するアイムはコミュ力お化けがたくさんいますからね。

そういう先輩後輩を見ていれば自分はまだまだと思うのかもしれません。

 

嶺内さんの目標を聞いた小澤さん。

コミュ力を増すには過酷な立場に自分を置くしかないと経験を語り、小澤さん自身ラジオをやっているうちに喋る能力が向上したとアドバイスします。

 

小澤さんのラジオって野崎君のラジオのことですかね。

あのラジオは新人声優さんには大変だったと思いますわ。

だって周りは先輩しかいなかったですからね、それも売れっ子の先輩ばかり。

 

あのころ鍛えられたからこそ今の自分があると小澤さん自身感謝しているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

今回のピックアップコンテンツは『ひきこまり吸血姫の悶々』

 

今回のピックアップコンテンツは『ひきこまり吸血姫の悶々』。

 


内容紹介を聞いた限りではなかなか面白そうな気配。

主人公に何か秘密があるそうな感じなのがいいですわ。

 

GA文庫も特設サイトを作るくらいの力の入れ様なので、メディアミックスを考えているのかもしれませんね。

 

 

お年玉ゲットのために果敢に挑戦

 

今回のチャレンジコーナーのご褒美はお年玉(お金ではない)。

お年玉をゲットするために小澤さんと嶺内さんが様々なことにチャレンジします。

 

チャレンジしたのは以下の通り。

 

  1. ふわふわティッシュチャレンジ
  2. 以心伝心!読唇術チャレンジ
  3. 利き水チャレンジ
  4. リコーダー演奏チャレンジ

 

どれもゆる~いチャレンジばっかり。

当然お二人はすべて成功…したかどうかは是非動画本編をご覧ください。

 

大波乱とかは残念ながら起きず。

チャレンジ内容はもうちょっと過酷にしても良かったかもしれませんね。

まあ、こういうことを書くと女性コンビの時は反映されず、松岡・内田コンビの時だけ反映されるかもしれませんけどw

 

自分で描いたキャラにアテレコしてPV作る

 

たぶん今回のメインの内容です。

小澤さんと嶺内さんがネズミの絵を描き、その絵にアテレコしてガンガンGAのコミカライズ作品のPVを作ってしまおうという企画ですね。

 

まずはネズミの絵を描くのですけど、お二人とも絵が上手。

アイムって総じて絵が上手い人多いのですよね。

アイムの入所試験に絵心とかあるとしか思えませんわ。

 

そしてアテレコ。

小澤さんはアドリブをチョイチョイ入れて嶺内さんを笑わせようとします。

負けじと嶺内さんもやり返しますが小澤さんのペースを崩すことができず。

この辺はさすが小澤先輩って感じですね。

経験の差は予想以上に大きく感じました。

 

インフォメーションのコーナーで今年の抱負を

 

GA関連の情報をお知らせするインフォメーションコーナー。

今回は相方がお知らせを読んでいる間に今年の抱負を書くことに。

前述した今年の目標と似ているような感じもしますが、そこはそこ。

お二人とも抱負をしっかりと書かれていました。

 

まずは嶺内さんの方。

今年の抱負は「おだやかすこやか」。

アイムの声優さんとは思えないような堅実な目標。

まあ、周りは変わり者(褒め言葉)ばかりなので、1人ぐらいこんな声優さんがいてもいいかも。

 

一方の小澤さんの抱負は「ガンガンともっと仲良く」。

さすが先輩、しっかりと笑いを取りにきました。

 

ある意味本音なんでしょうけど、ここでこれを書くのは上手いと思います。

 

 

終わりに

今回はここで終了。

このコンビの時は大きな笑いは起こりませんが、その分紹介された作品の内容が頭に残る気がします

作品の宣伝という点では他のコンビより上かも。

 

次回の更新予定は2月20日前後。

そろそろ松岡・内田コンビがみたいのですけど、次の当番はどのコンビになるのか?

次回も楽しみです。

 

次回71回の感想記事を読みたい方はこちらのリンクをご利用ください。

本渡と千本木のガンガンGAちゃんねる第71回(2020年2月20日更新分)の感想 「お二人の考えたデートプランは?」