本渡と千本木のガンガンGAちゃんねる第73回(2020年6月25日更新分)の感想 「時間差収録の裏側も公開」

この記事は約7分で読めます。

本渡と千本木のガンガンGAちゃんねるタイトル

 

感想(ネタバレあり)

 

昨今の事情のために4月から休止していたガンガンGAちゃんねるが復活しました。

今回の当番は本渡・千本木コンビです。

 


今回も見どころは時間差収録。

第14回の放送で松岡さんが挑戦したやつを今回本渡さんと千本木さんがやることに。

本番だけでなく、打ち合わせから個々の収録まで放送するという豪華仕様となっており、収録の裏側がばっちりわかりますよ。

個人的にはアフレコや収録の様子を見るのが好きなのでこういう企画は今後もやって欲しいですわ。

 

 

 

前回第72回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

間島と松岡のガンガンGAちゃんねる第72回(2020年3月26日更新分)の感想 「熱い風評被害?」

 

前回は間島・松岡の変則コンビでした。

この間島・松岡回で行われた「マジトーク」の話が今回出てきますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

ぶかちゅー部を知ったきっかけは赤尾ひかるさんのメールだった

本渡さんと千本木さんが所属するアイムエンタープライズ。

そのアイムは唐突に作ったYouTubeちゃんねるが「ぶかちゅー部」です。

 

「佐倉としたい大西」で同じアイム所属の佐倉さんと大西さんがディスって宣伝してたやつですが、今回ガンガンGAちゃんねるでも話題になりました。

 

本渡さんも千本木さんもぶかちゅー部の開設を知ったのは同僚である赤尾ひかるさんが動画を上げたのがきっかけ。

普通所属声優さんには事前に知らせるものだと思いますが、知らせずにやるのがアイム流なのかもしれません。

 

本渡さんはぶかちゅー部に積極的に動画を投稿しており、ぶかちゅー部のエースと言っても過言ではありません。

本渡さんの動画ってバラエティに飛んでいてまさにユーチューバーって感じなんですよ。

普通勉強している姿だけの動画なんて上げませんし、誰も興味ないはずなのに、本渡さんが動画をアップしたら14万回再生って…。

 

本渡さんは自分で動画の編集もしているらしく、今楽しくて仕方がないのでしょうね。

 

本渡さん以外にもアイム所属の声優さんがいろんな動画を上げているので興味がある方は視聴してみましょう。

 

ぶかちゅ〜部TV
《ぶかちゅ~部TV》 アイムエンタープライズ所属者が、 趣味や興味のある事などを撮影し、 スタッフが更新している動画チャンネルです。 申し訳ございませんが人選や内容等のリクエストは受け付けておりません。 また、所属者全員が出演するわけではございません。 ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

 

ピックアップコンテンツは「魔女の旅々」と「処刑少女の生きる道」

 

ガンガンGAが推しているコンテンツを紹介するピックアップコンテンツのコーナー。

今回は「魔女の旅々」と「処刑少女の生きる道」が紹介されました。

 

魔女の旅々の方はアニメ化が決定しており、放送が待ちどおしいところですが、今回本渡さんが朗読に挑戦したという情報が明らかに。

また毎月公式サイトでは新ビジュアルが公開されているので興味がある方は公式サイトを訪問しましょう。

 

TVアニメ『魔女の旅々』公式サイト
GAノベル「魔女の旅々」(SBクリエイティブ刊)のTVアニメ化が決定!あるところに一人の旅人がいました。彼女の名はイレイナ。若くして魔法使いの最上位「魔女」となった才女が紡ぐ、出逢いと別れの物語…。

 

 

次は「処刑少女の生きる道」。

こちらの作品はダンまち以来となるGA文庫大賞作品という触れ込み。

それだけで興味がそそられます。

 

Amazonのレビューを見ても結構な高評価で多くの人を惹き付ける魅力があるのでしょうね。

漫画版を見た千本木さんも本渡さんも大絶賛でしたし。

私もあらすじを聞いて興味が出ました。

 


作品紹介や他の方のレビューを見て買うかどうか判断してもいいと思います。

 

 

CM流しながらおうち時間トーク

4月5月と放送が無かったガンガンGAちゃんねる。

その間でもガンガンGA関連の作品の発売が続いており、そのCMも作られておりました。

そのため今回放送できなかったCMを流しながら、本渡さんと千本木さんがこの2か月何をやっていたのかトークすることに。

 

正直に言うとこのコーナーは宣伝としては失敗だったと思います。

だってお二人のトークに夢中でCM全然頭にはいってきませんでしたもん。

 

ちなみにおうち時間で千本木さんはゲーム、料理、掃除などを。

本渡さんの方はゲーム、動画三昧だったそうです。

 

そして二人ともウーバーイーツを楽しんだとも。

自宅でいろんなお店の料理が食べることができるのでそりゃあみんな使いますよね。

 

トークの大まかな内容かいたので、番組見る時はCMの方にも目を向けてくださいな。

 

スポンサーリンク

時間差収録の本番と裏側全部見せます

たぶん今回もメインコンテンツと思われるコーナーです。

リモート収録を利用して時間差収録にチャンレジすることになります。

 

時間差収録というのは別々に撮った動画を繋ぎ合わせて、二人が共演しているようにするもの。

第14回で「松岡と禎丞のガンガンGAちゃんねる」のような動画を作ると思えば一番わかりやすいと思います。

 

まあ本番を流すのは当然ですが、今回は台本チェックから打ち合わせ、そして個々の撮影風景まですべて番組で流されました。

 

いいですよねえ、裏が話見るの。

本番を何度も見返してどうしてああいう結果になったのか確認したくなっちゃいます。

 

本番は成功したのかどうかは是非ご自身でご確認ください。

本番はYouTube版の方は41分39秒からです。

 

 

ガンガンGAちゃんねる第73回を視聴し終わって

今回ご紹介したコーナー以外にも面白いところがたくさんあるので是非動画を視聴してください。

 

来月は7月下旬に公開予定。

次回は特別回となり、あの作品のコンビがパーソナリティを務めます。

 

 


アイム以外の声優コンビの当番回は本当に久しぶり。

どんな風になるのか今から楽しみです(まあ、今まで数度ガンガンGAちゃんねるの枠外でやっているのですけどね)。

 

第74回の感想記事はこちらからどうぞ。

鈴代と楠木のガンガンGAちゃんねる第74回(2020年7月9日更新分)の感想 「やることなすことすべて初々しい」