第16回声優アワード受賞者の方々を見て思ったこと「今回のメインはエヴァ」

この記事は約6分で読めます。

 

今年は波乱とまでは行かないけど、ちょっと意外な方が受賞した印象です。

そして今回はエヴァ関係者の受賞が多い

 

まあシリーズ完結したし、これまでアニメ業界への寄与も考慮されたのでしょうかねえ。

 

 

第15回の感想はこちらから。

第15回声優アワード受賞者の方々を見て思ったこと

 

 

スポンサーリンク

新人賞受賞者を見て思ったこと

 

まずは新人男優賞から。

 


男優賞の方は手堅いメンツというか、取って当然の方々が受賞したイメージです。

 

 

 

次は女優賞の面々。

 

 

男優賞と比べると意外な方もいらっしゃいますねえ。

 

矢野さんと稗田さんは文句なし。

特に矢野さんはラブライブにウマ娘と人気作に出演してますしね。

 

相川さんは結構意外でした。

話題になった作品のメインキャラを演じましたけど、出演作品数が少ないですからねえ。

ミュージックレイン所属なので「これは」という作品を吟味して出演させているのかもしれませんが。

 

まあ、今後に期待ですね。

 

 

そして赤尾さん。

こっちは受賞が遅すぎ。

これまでに何作品で主人公演じてきていると思うんだよ。

普通に14回ぐらいで受賞させるべきだったと個人的には思います。

まあ、受賞はめでたいですけど。

 

 

助演賞を受賞した声優さんを見て思ったこと

では助演賞受賞者を見ていきましょう。

 


中村さんは助演賞の本命と言われたので、誰も異論は無いかと。

 

一方の立木さん。

全く名前が挙がってなかったですが、受賞自体に文句を言う方はいないでしょう。

 

エヴァのゲンドウと銀魂のマダオ。

どっちもアニメ業界に貢献してきた作品のキャラですからねえ。

それを演じた立木さんもアニメ業界の功労者。

 

シンエヴァが完結したこのタイミングで立木さんが受賞するのはある意味当然かと。

 

 

では女優賞受賞者を見てみましょう。

 

 

小松さんは呪術廻戦をはじめメイン処(主役ではない)でいろんな作品に出演しており、受賞は下馬評通りだったかと。

 

一方の高橋さん。

こちらも2015、2016年以降ずっと活躍している声優さんであり、取ってもおかしくないですけど、「今年なの?」と思ってしまいます。

 

ゆるキャン△にしろ、リゼロにしろ、どっちも2期ですからね。

 

映画を高評価するならこのすばの劇場版が公開された2019年度に取らせれば良かったのに。

FGOの劇場版よりはこのすばの劇場版の方が評価高いと思うのですけどねえ。
 

 

主演賞を受賞した声優さんを見て思ったこと

では主演賞です。

まずは男優賞。

 

 

 

個人的には99%榎木さんが受賞すると思ってたので、小野さんの受賞を聞いて「そっちかい」と思わずツッコミ入れてしまいました。

 

まあ、小野さんの受賞は悪くないですよ。

だってハサウェイ演じたのですからね。

ガンダムブランド未だ健在だったということなんでしょう。

確かにハサウェイの演技は良かったですし。

 

 

 

でもね、今年は榎木さんに受賞させてあげたかったです。

ここ最近榎木無双が続いており、これで取れなきゃいつ取れるの?というくらい活躍してますしね。

それに呪術廻戦という鬼滅に続く大ヒット作の主人公を演じておりますし。

 

小野さんの受賞は納得できるけど、榎木さんは可哀想。

それが男優賞を見た個人的な感想です。

 

 

では女優賞です。

 

 

「ですよね」。

 

それ以外に言葉ありません。

エヴァの主人公を演じた大功労者。

 

そりゃあ、ゲンドウ演じた立木さんが助演賞とったのなら、主演賞を緒方さんが取るでしょうよ(この論理でいうと中村さんが助演賞をとったのだから、榎木さんが主演賞取らないのはおかしいということになりますが)。

 

あと緒方さんに関しては来年は呪術の劇場版がありますからねえ。

公開が去年の12月で今回はは範囲外。

 

2年連続の主演賞もありえるかも。

 

 

 

今年の総評

今年はエヴァづくしでした。

まあ、完結した記念という意味もあったのかと思います。

アニメ界に大きな影響を与えた作品なので、まあ、納得できますわ。

 

あとテレビアニメより劇場作品が評価される傾向にあるみたいですね。

インパクトは劇場版の方があるので仕方ありませんわ。

 

そうなると来年は呪術の劇場版がメインになるのでしょうかねえ。

劇場版が評価されるのはいいですけど、1作品だけに出演した芸能人が受賞するようなことは止めて欲しいです。