松岡禎丞さんの「沙織呼び」が始まったのはベルままの打ち上げの席だったらしい(2019年10月22日追記)

スポンサーリンク




この記事は約6分で読めます。

 

※フォローさせて頂いてる方の呟きで気付きました。ありがとうございます。

 

 

松岡禎丞さんのファンが去年から気になっていたこと。

その1つが松岡さんが事務所の後輩である大西沙織さんのことを「沙織」と下の名前で呼び始めたことです

 

それまではずっと「大西」という名字呼びだったのに。

 

そして今回その真相が大西さんと加隈亜衣さんがパーソナリティを務める「加隈亜衣・大西沙織のキャン丁目キャン番地」第202回の中で明らかになりました。

 

どうやら大西さんから頼んだ訳ではなく、ベルままの打ち上げの席で松岡さんが急に呼び始めたようです。

 

そして最終的に沙織呼びがどうなったか?

かやのみ第63回で明らかになりました。

 

スポンサーリンク

「沙織呼び」が始まったのはベルまま最終回あとの打ち上げから

 

前述したように、沙織呼びの真相が明らかになったのは、「加隈亜衣・大西沙織のキャン丁目キャン番地」第202回の初めての体験を語るコーナーの中で。

 

開始12分15秒あたりからその話が始まります。

 

それを箇条書きにするとこんな感じです。

 

  • 大西さんによる松岡さんのモノマネで開始
  • 怪しいことがないことを示すために自分でネタにする
  • ベルままの最終回のアフレコ後の打ち上げの席での出来事
  • 名前の呼び方の話が話題となる
  • まず井上喜久子さんが自分のことを喜久子お姉ちゃんと呼んでと言ったらしい
  • その後急に松岡さんが「沙織」って呼ぶわと言い始める
  • 大西さんも「禎丞さん」呼びに変える
  • 松岡さん自身は「禎丞さん」呼びを歓迎
  • でも大西さんによる「禎丞さん」呼びは定着せず、すぐに「松岡さん」呼びに戻る
  • その一方松岡さんによる「沙織」呼びは定着
  • 大西さんは松岡さんが「沙織」呼びを始めた切っ掛けと理由がわからない

 

沙織呼びの話をした後、加隈さんが松岡さんのあるエピソードを語り始めますが(開始15分付近)、そちらは是非ご自身で聞いてください。

 

【ラジオ】加隈亜衣・大西沙織のキャン丁目キャン番地(202):超!アニメディア(超!アニメディア) - ニコニコチャンネル:アニメ
「アニメディア」「メガミマガジン」「声優アニメディア」「オトメディア」のポータルサイト。アニメ作品のインタビューや人...

 

このラジオは最新回のみ公開から1週間無料で試聴可能。1週間を過ぎた場合は有料会員になる必要がありますので。

 

まあ、有料会員になればアーカイブが聞けるので1回聴いて気に入ったら有料会員になりましょう。

 

沙織呼びをはじめた理由で考えられることは?

 

大西さん的には松岡さんが「沙織」呼びをはじめた切っ掛けも意図(理由)もわからないと言ってますが、切っ掛けはやはり井上さんの「喜久子お姉さん呼び」ではないでしょうか。

 

井上さんの話が沙織呼びに変える良いチャンスと松岡さんが思っても不思議ではありません。

 

そして理由として最有力なのが「佐倉としたい大西」第133回のおまけコーナーで大西さんが松岡さんになら「沙織」呼びされてもいいと言ったことだと思います。

 

大西さん自身が望んでいるならそう呼んでやるかと先輩として考えたとしてもおかしくはありませんからね。

またアイムのマネージャーさんからそう呼ぶように言われた可能性もあります。

少なくとも呼び方変えれば、私みたいな声優ファンが飛びつきますし、こうやってラジオのネタにもなりますからね。

 

あと二人が付き合うようになって名前呼びに変えたということも考えられなくはありません。ただその場合はわざわざラジオのネタにしないでしょう。

 

 

るる→はるか呼びの時と同じく、他の声優さんがいるところで始めたのはどうかと思いますが、多くの人の前だと変な勘ぐりされないから返って良かったのかも。

 

終わりに

 

てっきりこのネタ、「ベルままラジオ」か、「佐倉としたい大西」で取り上げると思っていて完全に油断してました。

 

まさかキャン丁目でやるなんて。まあ、ここなら大西さんが問題あるような言い方しても加隈さんがフォローしてくれますからね。

 

そして今回は松岡さん繋がりでさらに加隈さんが知っている松岡さんのエピソードに繋がりましたので。

 

ただ本音を言えば「佐倉としたい大西」で取り上げて欲しかったです。佐倉さんがどんな反応するか見たかったので。

 

 

2019年7月3日追記 「沙織呼び」は大西さんのリクエスト?

 

松岡さんの沙織呼び。

その真相というか理由の一端が今日放送されたゆずラジ第65回でわかりました。

どうやら松岡さんが前述のベルままの打ち上げで大西さんに聞いて、大西さんが「名前呼びがいい」と言ったそうです。

 

 

だから松岡さんが急に名前呼びを始めたのではなく、大西さんのリクエストがあったから名前呼びにしたというのが真相みたいですね。

 

またこの話が変な方向に行ったようです。

何でも松岡さんが沙織呼びを始めたことを水瀬いのりさんが知って、「どうして沙織呼びをはじめたか」直接松岡さんに聞いてきたらしいのです。

それもオーディオコメンタリーの収録の時に。

それだけ水瀬さんからすれば大事なことなんでしょうね。

真相を質すのは。

 

その結果、松岡さんは沙織呼びできない事態に。

 

最終的には小林裕介さんが呼んでいる「さおりん」呼びに落ち付きそうな気配ですが、それってランクが上がるってことなんじゃね?

松岡さん的には。

松岡さん的にはあだ名呼び>名前呼びだったはずなので。

 

松岡さんが本当にさおりん呼びを始めたら再び波乱が起こるかも。

 

スポンサーリンク

2019年10月22日追記「沙織呼びは終わり、大西呼び復活!」

 

2019年10月19日に配信されたかやのみ第63回。

ここで沙織呼びの顛末が明らかになりました。

結果的に沙織呼びは終わり、大西呼びが復活したそうです。

 

 

大西さんの話によると、松岡さんが沙織呼びを始めて現場がザワザワしだしたそうです。

そりゃあ、ずっと「大西呼び」だったのにいきなり「沙織呼び」になったら何かあったのか周りは気になります。

水瀬さんのように松岡さんに直接問いただす方もいたかもしれません。

 

そういうことが続き、大西さん的には松岡さんが無理していると判断したようで、松岡さんに対して「(沙織呼びを止めて)楽になりましょう」と言ったらしいのです。

 

これで大西呼び復活か?と思ったら、冴えカノ劇場版の収録時、松岡さんは「さおりん呼び」を始めたそう。

これはゆずラジで聞いた小林裕介さんが大西さんを呼ぶ時のあだ名をそのまま使わせて貰ったということでしょう。

 

ただこの呼び方も周りをザワザワさせたんでしょうねえ。

安野さんがこの話を大西さんに振るくらいですから。

 

そして冴えカノ劇場版の収録が終わった辺りで大西呼びに戻ったようです。

だから「松岡と大西のガンガンGAちゃんねる」では大西呼びだったのでしょうねえ。

 

 

元々は松岡さんが沙織呼び、大西さんが禎丞さん呼びをするという話だったのに、すぐに大西さんがギブアップしたのですから、松岡さんがギブアップしても責められませんよ。

 

人の呼び方って変えるのはやっぱり難しいですわ。