大西沙織さんが養成所時代のLynnさんの印象を暴露した「アニゲー☆イレブン第169回」の感想

この記事は約7分で読めます。

大西沙織さん関連の話題

 

感想(ネタバレあり)

 

BS11で毎週月曜日に放送中の「アニゲー☆イレブン」。

この番組にブギーポップは笑わないの番宣で大西沙織さんが出演しました

 

 

 

アニゲー☆イレブンの司会であるLynnさんと大西さんは声優養成所時代の同期

大西さんがLynnさんの養成所時代の印象などを話されました。

 

Lynnさんって気さくなイメージがあったのですけど、養成所時代はだいぶん違った印象だったのですね。

もちろん大西さんの主観が入っているので、それが完璧に正しいとは限りませんけど。

実際Lynnさんも大西さんが言ったイメージを否定してましたし。

 

個人的な感想は本文をお読みください。

 

また番組はBS11のオンデマンドサイトで1月28日まで無料公式配信中です。

見たいかたはこのサイトで公式配信を視聴しましょう。

 

アニゲー☆イレブン!
アニメ・ゲーム・漫画・ライトノベル・アニメソング・コスプレなどの最新情報をお届け!さらに、毎回ゲストを招いて、本音・核心に迫るトークを繰り広げる!何が飛び出すかわからない!おもちゃ箱のような、エンタメ総合情報番組!

 

こういう無料配信はありがたいです。

 

大西沙織さんについてはこちらの記事もお勧めです。

大西沙織さんデータ集2018 「まとめてわかった大西さんのメイン・サブキャラ率の高さ」

 

スポンサーリンク

大西さん VS Lynnさん 最初は軽いツッコミの応酬

 

アニゲー☆イレブンではゲストが思い思いのポーズで登場するのですけど、大西さんはバイクに跨ったポーズで登場。

 

どうやら今回の出演の目的、ブギーポップで大西さんが演じる凪がバイクに乗っているので、それをイメージしてこのポーズにしたようです。

 

そしてそれを見たLynnさんは、

 

「決めてるわ~」

 

という言葉を口に出します。

 

ニュアンス的には「またこいつやりやがった」って感じ。

相手が養成所同期の大西さんだから、Lynnさんもあえて言ったのかもしれませんね。

その後しばらく放置しましたし、この行動でLynnさんと大西さんの距離がよくわかりました。

 

親しくなければこういう扱いしません。

 

水瀬さんにしろ、加隈さんにしろ、佐倉さんにしろ、大西さんの取り扱いが上手い人は大抵こういう扱いをするので。

 

このLynnさんの扱いに対して非難の声をタメ語であげる大西さん。

 

最初は軽いツッコミの応酬な感じでした。

 

 

Lynnさんの養成所時代の印象を容赦なく大西さんが暴露

 

レギュラーコーナーである「シスターLynnの星の導きをあなたに」。

簡単に言えば星占いの体でゲストの人となりを明らかにするコーナーです。

 

通常はゲストのことがメインになるのですけど、今回はなぜかLynnさんに関する話が多めでした。

 

まずはLynnさんがシスターLynnの衣装を着ている最中、大西さんが「プッ」と笑った話から。

ホント大西さん失礼だわw

でもこの話出したのLynnさんの方。

大西さんの失言を公にすることで、大西さんを牽制したのでしょうか(そんな訳ない)。

 

ただこんなことで引き下がる大西さんではありません。

すぐにLynnさんの話の矛盾を見つけて

 

「墓穴」

 

と言ってしまうあたり、さすが百戦錬磨の声優さんです。

 

 

さて話は養成所時代のことへ。

高校生の時からお互いのことを知っていた大西さんとLynnさん。

しかし養成所時代に喋った記憶がないとのこと。

 

さらに大西さんは養成所時代の自分を小僧と評する一方、Lynnさんを次元が違ったと表現。

養成所でのヒエラルキーが自分の方が低かったと言いたかったのでしょうね。

 

まあその後、Lynnさんが自分のことを人見知りと言ってたので、たぶんLynnさんは人と喋るのが嫌でそういう雰囲気を出していたのでしょう。

 

結構そういう人いますからね。

別にお高くとまっている訳ではないのに、人と喋るのが苦手で、喋りたくないオーラを出していたら、それが誤解されてしまったという感じだと思います。

 

たぶんLynnさんから見たら、誰とでも打ち解けることができる大西さんが羨ましかったのかもしれません。

 

ちなみの今の二人の距離はゼロらしく、かなり親しい感じなようです。

 

 

大西さんの趣味の劇伴の話からなぜか猫へ

 

次は大西さんの趣味のお話。

大西さんが没頭するくらい好きな趣味は劇伴を聞くこと

いわゆるサウンドトラックのことですね。

 

この趣味に関しては冴えカノの特番などいろいろな番組で大西さんが話しているから、知っている大西さんファンは多いと思います。

 

そしてその趣味を生かしてサウンドソムリエをこの場ですることに。

ただなぜか寸劇になってしまい、ゆっくりと劇伴とか関係ない事態になってました。

この辺は文字にしにくいので、是非ご自身の目でご確認ください。

 

 

ブギーポップの世界感とアフレコの話

 

大西さんが今回出演した理由はブギーポップの宣伝です。

という訳で、番組後半でブギーポップの話をすることに。

 

ブギーポップの作品の魅力は最近のアニメにはない世界感だと話す大西さん。

そして数話で話が区切られるので、「いつまで新しい味を楽しめる」と表現してました。

 

確かに次から新しい話に入りますし、1話見逃しても、数話したら区切りがきて、その後から見てもストーリーを追えるのはいいですね。

 

まあBS11の放送を見逃しても、公式配信しているサイトで見ればいいですけど。

 

あと大西さんはブギーポップのアフレコ現場のお話も。

 

作品のテイストを反映してか、第1話のアフレコではキャスト全員ロート―ンだったそうです。

確かにあの1話だったらそれもわかります。

さすがに音響監督さんがブースに来て何とかしようとしたようですけど。

 

そして休憩時間もキャラの話をしているのがブギーポップの現場での特色だとも。

声優さんたちも魅力的なキャラに入れ込んでいるということなんでしょうかねえ。

 

 

ポエムの意味を聞いて納得した大西さん

 

最後の〆はLynnさんによるポエムの朗読。

Lynnさんがゲストからテーマを貰い、それに沿ったポエムを作って朗読します。

 

ゲストの大西さんが出したテーマは「炎」。

 

ポエムにするには結構難易度が高そうなお題ですね。

でも場数を踏んでいるLynnさんはしっかりと炎でポエムを作り上げます。

 

ただ最初そのポエムを聞いた大西さんは「ポカン」状態。

でもLynnさんからそのポエムの意味を聞いて納得したようでした。

 

確かに意味をとらえるのは難しいポエムでしたね。

青い炎が何を指すか正解だすのは難しかったと思います。

 

 

終わりに

 

今回はLynnさんの養成所時代の話が多く、できれば大西さんの養成所時代の話をもうちょっと聞いてみたかったですね。

 

全体的には大西さんとLynnさんの仲が良好なことがいろんなところから伝わってきたし、ブギーポップの宣伝もしっかりできて、大西さんが出演した目的はしっかりと達成したと思います。

 

そういえば途中のニュースのコーナーに、別番組の宣伝で佐倉綾音さんがVTRゲスト出演してました。

大西さんいるところに佐倉さんありということなんでしょうか?

偶然そうなったのか?それとも番組のスタッフさんが気を利かせてそうしたのか?

ちょっと気になりましたわ。