ソードアート・オンエアー第72回の感想「石田彰さんゲストで松岡さんド緊張」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はゲスト回。

ガブリエル役の石田彰さんがゲストです。

 


石田さんと言えば松岡さん憧れの声優さん。

そりゃあ緊張しますよ。

 

でも聴いているリスナーとすればかなり面白かったです。

石田さんと松岡さんって結構似ているところ多そうですわ。

 

 

第71回の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ソードアート・オンエアー第71回の感想 「SAOの農業系スピンオフ作っちゃう?」

 

第71回はゲスト無し回だったということで車両関係のお話が多め。

まあ、車両と言ってもコンバインの話でしたが。

 

 

スポンサーリンク

冒頭は今回も車の話

冒頭はいつもの通り車の話から。

石田彰さんがゲストに来ててもそこは変わりありません。

 

ただ収録ブース内で松岡さんの目の前に石田さんが座っているらしく、松岡さんは石田さんの方へ目を向けることができないそうですが。

 

まあ、仕方ありませんね。

SAOのBD収録のオーディオコメンタリー以外では長い時間喋ったことがないような感じなので。

 

そしてたぶん「憧れの人とお話できるという高揚感」と「憧れの人の前で下手なことは喋れないという緊張感」が一緒に来てたでしょうから。

 

ただそうは言っても車好きの松岡さん。

リスナーさんのメールを読んで楽しそうにお喋りするのは通常営業だったと思います。

 

 

石田さんも松岡さんも車の免許がない

 

番組開始10分ぐらいからいよいよ今回のゲストである石田彰さんが登場です。

 

松岡さんと吉田アナがずっと車関連の話をしてたので、石田さんはそれに乗っかってきました。

 

まずは「ノーカーノーライフ」と叫び、場の空気を温めると免許の話へ。

 

松岡さん同様石田さんも車の免許を持ってないらしく、石田さんは免許取らなかったこと後悔しているそうです。

まあ、二輪の免許を持っているだけ石田さんはまだ良いですけどね。

 

一方原付の免許をだいぶん前に失効させてしまった松岡さん。

現在身分証明書は保険証を使っているそうですが、写真付きの身分証明書が必要な時は大変とのこと。

 

確かに写真付きの証明書って免許が一番ポピュラーですからねえ。

免許無いとそういう面でも辛いですわ。

 

さて、ここからは吉田アナが質問してそれに石田さんが答え、さらに松岡さんが何か言うような進む方になっていきます。

 

石田さん、面白くてお茶目な方ですねえ。

 

ネットでいろいろ言われている石田さんの噂。

完全に間違ってる訳じゃないけど、正確とまでは言えないという部分が多いと今回お話を聞いてて思いました。

 

松岡さんが石田さんのところに挨拶に行った時のお話でそれが一番わかるかも。

 

 

スポンサーリンク

石田さんから見た松岡さんの印象

緊張して石田さんの方を見れない松岡さん。

 

そんな松岡さんの態度も影響しているのかもしれませんが、未だに石田さんは自分が松岡さんの憧れの声優さんだとは信じてないそうです。

 

これまでいろいろな作品で共演しているけど、松岡さんが石田さんに憧れているような素振りを見せてこなかったので。

 

そりゃあ、松岡さんからすれば石田さんに話掛けるなんて畏れ多いという感じなはず。

それに松岡さんんでなくても島崎さんみたいなコミュ力高い人じゃないと石田さんに話掛けるなんてできないでしょうよ。

 

また石田さん自身は「憧れの声優さんということは黙って欲しかった」と。

確かにどう対応すればいいかわかりませんからねえ。

変に意識しちゃうかもしれないし。

 

ただ松岡さんの方も松岡さんに憧れて声優になったという後輩さんが増えてきて、石田さんと同じように「言わないでほしい」と思っているとか。

 

松岡さんと石田さんってやっぱり似てますわ。

 

ちなみに石田さんの中の松岡さんの印象は「良い印象も悪い印象も無い」、それと「上半身のバランスがおかしい」。

 

上半身云々は2017年ぐらいの松岡さんがダンベルとかで鍛えていた頃でしょうかねえ。

あの時期は本当に上半身だけ凄いことなってたので。

 

 

 

キリトVSガブリエルのシーンのアフレコについて

 

キリトとガブリエルの決戦のシーン。

 

「別々の部屋で同時に収録した」。

松岡さんが音響監督の岩浪さんから「キリト(の演技)が負けている」と言われた。

などがこのラジオで以前話題にのぼってました。

 

今回はそれに加えて石田さんから見たあのシーンのアフレコの話が

 

石田さん的にはあのシーンは打ち合わせなどが必要なかったし、落ち着くところに落ち着いたと。

 

 

キリトとガブリエルが対峙するところはほぼ無かったし、キリトに対する執着とかが無い分、打ち合わせとかいらなかったのでしょうねえ。

 

ヴァサゴみたいにキリトへの執着が凄いキャラだったら、もっと濃い演技になってた可能性も。

 

 

ソードアート・オンエアー第72回を聞き終わって

 

今回のディレクターズ(カットしない)版は全部で47分もあります。

聴きごたえ十分ですし、面白いです。

久しぶりに神回と言える回だと思いますわ。

 

ちなみに次回も石田さんがゲスト。

たぶん一緒にコーナ―するのでしょうけど、石田さんのコレメシ聴けるかも。

次回も楽しみです。

 

第73回の感想記事はこちらから。

ソードアート・オンエアー第73回の感想 「免許と仕事どっちを取るの?」