下野・松岡コンビが登壇した「鬼滅の刃ステージイベント」の感想 「先輩後輩どっちも弄られる」

この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

2018年12月22日に開催された鬼滅の刃ステージイベント

 

来年4月から放送が開始されるアニメを盛り上げるためのイベントでした。

そしてこのイベントにシークレットゲストが。

登場したのは我妻善逸役の下野紘さん、嘴平伊之助役の松岡禎丞さんのお二人。

この二人が登場して盛り上がらない訳ありませんね。

 

 

 

いや、本当にアイム所属の声優さんが登場すると会場のボルテージが上がります。

芸人系声優事務所の面目躍如ですわ(失礼)。

 

 

スポンサーリンク

喋りまくりの下野先輩と沈黙しまくりの松岡後輩

下野さんと松岡さんがステージに登場したのは開始5分過ぎ。キャラクター紹介の途中のところです。

 

今回のイベント、シークレットゲストを匂わせる告知がされており、さらに現在発表されているキャストを考えると、下野さんか松岡さん、どっちかはゲストとして登場するだろうと予測してました。

しかしまさか二人とも登場するとは思ってもみませんでした。

 

お二人は演じるキャラのセリフを言いながら登場。お二人ともやっぱり声が通りますわ。

 

私自身まだ原作を読んだことないのでキャラのことを細かくはしりません。でもお二人のセリフを聞いてさらにキャラの絵を見ると少しづつ楽しみになってきました。

 

さて、登場した下野さんと松岡さん。先輩と後輩で真逆の立ち位置でしたね。

 

下野さんは喋りっぱなしで弄られ、松岡さんは沈黙しっぱなしで弄らる。

 

まあ、花江さんから弄られるのはどちらも一緒でしたけど。

 

それにしても「汚い高音」ってw

下野さん自身、ネット界隈で盛り上がった「汚い高音選手権」のことを知っているようで、自分でネタにしてました

 

これは美味しいネタですからね。

会場を楽しませることに長けている下野さんとしては見逃す手はありません。きっちりとトークの中に入れていくるところはさすがです。

 

 

一方の松岡さん。

このステージは沈黙の連続。

たくさんの観客がいるステージイベントだったので緊張したのかもしれません。

 

また花江夏樹さん、鬼頭明里さん、そして下野さんと、自分以外に3人の登壇者がいたので喋るタイミングを取り辛かったのかもしれませんね。

 

特に事務所の先輩である下野さんのトークを遮るのは憚られますから。

ただあまりにも喋らないので下野さんと花江さんにはツッコまれたり弄られっぱなしでしたが。

 

まあ、少ない言葉で爆笑をとっていくところはさすが松岡さんというところですけど。

 

「先輩の背中を見て育ってきた」

 

という言葉のタイミングは絶妙でしたわ。

 

そういえば花江さん、このジャンプ繋がりでソーマを想起させるようなツッコミを松岡さんに入れてましたわ。

 

それに対する松岡さんの

 

「おだまりよ」

 

は良かったです(9分50秒頃)。

 

 

あと下野さんと松岡さんが演じる、善逸と伊之助、どっちも煩いキャラクターで、その結果、「アイムエンタープライズ(の声優が演じる役)はうるさい」という結論になるそうです。

少なくともこの鬼滅の刃では。

 

 

イベントは和気藹々だけど、アニメは作画が凄くシリアスめな感じ

 

今回のイベントではPVも流されましたけど、作画の質が高いですねえ。(ただし善逸の登場シーンは作風が変わるらしいですけど)。

 

劇場版のクオリティという意見には素直に同意ですわ。

 

そして下野さん曰く、まだ発表されていないキャストも豪華らしいです。ジャンプ的にこの鬼滅の刃って本気でヒットさせるつもりの作品なんでしょうね。

 

言っちゃ悪いですが、同じジャンプ作品でもお金掛けてそうなやつとそうじゃないやつとの差が激しいですから。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

声優さんのしゃべりやツッコミが面白く、それに加えて作品への興味を持たせるイベントだったと思います。

 

私も最初視聴するかどうか微妙でしたが、来年の4月からの放送を見ることに決めました。

 

現在ところ全国20局で放送予定のようなので私の地元のテレビ局でも放送があることを望みます。

まあ、地元の局で放送しなくてもネット配信を本放送と同時かちょっと遅れぐらいでやってくれればそれでいいですけど。

 

アニメの放送まであと4か月。

今回のイベントを見て楽しみになりました。

 

また今度は来年3月のアニメジャパンでもステージイベントを開催して欲しいですわ。